党市議団12名全員で街頭宣伝

2017年04月05日17:01



 一昨日の4月3日、日本共産党市議団12人全員で栄(名古屋市中区)にて、街頭宣伝を行いました。
 12名による、リレースピーチ。

 金持ち優遇減税をやめて、小学校給食費無料化や敬老パスの拡充を! 

 と、訴えました。

 以下、藤井のスピーチ(要旨)です。

 昨年度、個人市民税減税額が一番多かった人の減税額は393万円でした。この方の課税所得は約13億円だそうです。
 市民感覚からして、13億円もの課税所得がある人に393万円も減税しちゃうというのは、「やっぱ、金持ち優遇減税じゃないか!」、とツッコみたくなります。

 いま日本社会は、億万長者がますます富み、国民全体の所得が低下するなかで、中間層が疲弊し、貧困層が拡大しています。
 一律5%の市民税減税は、富める者をますます富まし、貧困層にはまったく恩恵がありません。格差をさらに拡大するだけです。 このような億万長者・大企業優遇の減税をやめて、もっと市民のために、もっと夢のある、もっと有効なお金の使い方ができるのでないでしょうか。

 たとえば、子育て世代応援として、小学校給食費を無料化するなど、もっと市民のために使うこともできます。
 では、小学校給食費を無料にするための必要経費はいくらでしょうか?教育委員会に試算してもらったところ、40億8千万円だそうです。市民税減税で税収減は約117億円ですから、117億円の税収減をもたらす減税をやめれば、その約3分の1で給食費無償化の財源は十分確保できちゃうんです。

 小学校給食費の保護者負担は月額3800円、年間で41800円だから、給食費が無償化されれば、小学生1人につき年間4万円余りも保護者の負担が軽くなります。小学校6年間で考えると25万円!お子さん2人なら、なんと50万円も保護者の負担が軽くなりますよね。
 
 学校給食には、心身ともに成長する児童たちを支える、大きな役割があります。子どもの6人に1人が貧困状態にあるなかで、どの子も安心しておいしい給食を無料で食べられる、「子育てナンバーワンの街、名古屋!」。金持ち優遇減税より、ずっと夢がある、はるかに市民生活応援になると思います。

中村区民体育大会⇒太閤花見茶会⇒党後援会バス旅行

2017年04月02日17:38

 午前中は、中村スポーツセンターで開催された

 中村区制80周年記念
 第70回中村区民体育大会開会式・功労者表彰式


 に来賓として、出席しました。
 前回、第69回区民体育大会の総合順位は、
 優勝   稲葉地学区
 準優勝  稲西学区
 三位   日吉学区

 でした。
 今大会参加の選手の皆さん、頑張ってください!!


 式閉会後、アトラクションとして登場したのが、

 愛知県立松蔭高校和太鼓部の皆さん。

 中村区にあります、松蔭高校和太鼓部は、今年の8月には2年連続通算5度目となる全国大会の出場も決定しています。
 大迫力の和太鼓に、会場からは大きな拍手と歓声がありました!

 その後、第十六回 太閤花見茶会(中村公園)へ。
 藤井が訪れた時は、ステージでdela(中村区のアイドル)のライブ中でした。
 公園内には、多くの皆さんでにぎわっていました。


 桐蔭茶席で、美味しいお茶をいただいていますと…

 な、なんと、

 名古屋おもてなし武将隊の秀吉様がご登場!

 子どもたちも大喜びでした。



 午後からは、中村区日本共産党後援会バス旅行へ。
 バスは今朝、出発しましたので、JRを使って途中から現地合流。藤井もイチゴ狩りを楽しみました。

 今回のバス旅行にも、3歳のお子さんから小中学生たちと、パパやママに連れられて、子どもたちもたくさん参加!
 藤井の顔を見るなり、
「藤井さ~ん!待ってたよぉ!」
「午前中は(竹島)水族館、行ってきたんだよ!カピバラもいたよ!」
 と、笑顔でにぎやかです。

 藤井も、
「○○ちゃん久しぶり!背がのびたね!」
「お昼食べて、イチゴ食べて、アイス食べて、まだお菓子食べるの?すごいなぁ~」
「○○君、お土産、何を買ったの?」
 と、笑顔。天気も快晴!
 バス旅行参加者の皆さん誰もが笑顔でした。

 

 

シンポジウム「検証!河村名古屋市政 市民税減税の本当のねらいは?」記録パンフ紹介

2017年03月31日17:27


 先月の4日に開催しました、党市議団主催シンポジウム

検証!
河村名古屋市政
市民税減税の本当のねらいは?
 

 このシンポジウムの記録パンフが、完成しました!
 シンポジウム当日は、多数の参加者&マスコミ各紙・各局の取材もありました。
 パンフを通して、当日の様子が伝われば…と思います。
 
 またパンフには、名古屋市議会2月定例会での日本共産党代表質問(3月7日)も掲載していますよ。

 パンフは販売していませんが、市政報告会やミニ集会、「つどい」などで、このパンフを資料として使っています。
 皆さんとご一緒に、市民税減税の問題点について、熱く語り合ってまいります!
 
 


 

デザイントレイン(LEGOLAND Train)出発式&乗車してきました

2017年03月26日16:36


 本日の午後、あおなみ線名古屋駅ホームにて開催された、

 デザイントレイン(LEGOLAND Train)出発式


 に参加しました。
 写真は、出発式直前のデザイントレイン。
 あおなみ線で、このようなラッピングされた車両は初めてとなります。


 外装だけでなく、内装も「レゴランド列車」となっています。
 写真は、車両先頭部分。向こう側が運転席です。
 
 出発式後、デザイントレインは多くの来賓や関係者、マスコミの皆さんを乗せ、13時12分に名古屋駅を出発!(藤井も乗車)
 ノンストップ運行で、金城ふ頭駅に13時29分に到着しました。
  

 金城ふ頭駅に到着時、偶然ホームにいた家族連れの皆さんから、大きな歓声が!

「レゴの電車だぁ!」
「これ、乗りたい!」


 と、はしゃぐお子さんたち。
 多くの子どもたちの笑顔を運ぶ列車になりそうですね。


 デザイントレインは4両編成です。そして1両ごとにテーマがあります。
 今回、藤井が乗った車両は「アドベンチャー」がテーマ。

 車内内装が、ピラミッド考古学者(もしくは探検家)ファラオなどのラッピング。

 藤井は学生時代、古代西アジア文明学を専攻していましたが、車内を眺めているだけでもかなり楽しかったです。
 子どもたちだけでなく、大人も楽しめそうですね。



 では、気になる残り3両のテーマは??

 それは、ぜひデザイントレインに乗車されて、チェック!してくださいね。
 デザイントレインは、明日3月27日より運行開始となります。

解体・木造化 見切り発車は許さない!名古屋城天守閣木造復元反対討論

2017年03月25日15:11

 名古屋市議会2月定例会最終日(3月23日)において、名古屋城木造復元に向けた基本設計などが議会で可決されました。

 前日の22日、夜まで開かれました経済水道委員会で、昨年6月議会から継続審査になっていた名古屋城天守閣の解体・木造化予算案が、日本共産党(江上市議・西山市議)と丹羽議員(自民)以外の賛成多数で可決されました。
 同委員会の審議では、自民党や公明党の議員も、ときには共産党議員以上に当局を激しく追及していました。自民・民進・公明は附帯決議を付けましたが、その内容は、「入場者数目標の達成への努力」「寄付金、補助金、減税見直しも含めた財源確保」「事業費の圧縮努力」など、木造化事業を進める上では当たり前のことを述べているだけです。

 天守閣木造化には505億円という巨額の事業費がかかります。河村市長は、木造復元後の入場者数が現在の2倍以上の400万人程度に増え、それが50年間近くも継続することを前提にした収支計画を持ち出しました。入場者数激増の根拠を質した昨年2月議会の共産党代表質問に、河村市長は「税金を使うなどと人を惑わすようなことを言ってはいけない。税金は使いません」と答弁しました。

 ところが、経済水道委員会では、「何もしなければ時間とともに入場者数は落ち込んでいく」という日本総合研究所の意見が示され、収支計画の根拠のなさが明らかになりました。すると、河村市長は「仮に収支がよくなくとも、必ず推進すべきものである」と開き直りました。人を惑わしてきたのは、「税金は1円も使いません」と断言してきた河村市長です。

 同委員会では、4回の定例会にわたって各会派が熱心な議論をかわし、収支計画をはじめ木造化計画のさまざまな問題点があぶり出されました。それだけに今回、自公民の態度が急変したことは不可解です。

 現天守閣は、当時6億円をかけて市民の手で復元された戦後復興の象徴です。これを急いで壊すことに、市民の合意もありません。だからこそいったん立ち止まり、来月の市長選挙での市民の審判を踏まえて考えることが、民主主義ではないでしょうか。

 23日の市議会本会議で、江上博之市議が名古屋城天守閣木造復元議案に対して、反対討論を行いました。以下、反対討論(時間は2分)全文を紹介します。

 日本共産党名古屋市議団を代表して、天守閣木造復元議案に対し反対討論を行います。

 現天守閣は、72年前の戦争で焼失し、平和と戦後復興の象徴として再建。総事業費6億円のうち、寄付1億円の目標が2億円も集まる市民の思いがこもった施設です。その天守閣を解体し木造化を急ぐことは許されません。

 以下、反対理由です。
 第1に、基本設計等の可決によって、基本協定書に明記される505億円の事業費や2022年12月の完成期限などを認めることになるからです。

 第2に、市民合意はないからです。市は昨年5月2万人アンケートを行い、2020年7月までの市長提案は21%で、市民から否決されました。さらに、共産党市議団の実施した市政アンケートで「まずは耐震補強を」が52%ありました。市民の機運醸成に努めなければならないことを当局も認めるほど市民合意はありません。

 第3に、「税金投入はしない」という収支計画が破たんしているからです。事業費は入場料で賄うと言いますが、本市の入場者数の積算について、木造化後「10年以上の将来にわたる予測はほぼ不可能」。次第に減っていく、というのが市の委託した調査結果です。
 市長は、「仮に収支がよくなくとも、必ず推進すべきもの」と赤字もあり得ることを示唆し、当局も「税金は投入しない」から「税金投入しないように努力する」に答弁を変えました。このような市民負担につながる収支計画は認められません。

 以上で反対討論を終わります。

(注)議案は、共産12名と自民2名以外の賛成により可決しました。

ふっちん の 告知板

日本共産党27回党大会
 1月15日から4日間、日本共産党第27回党大会が開催されました。
 この党大会には、大会史上初めて野党4党から幹部が出席し、連帯とお祝いの挨拶をしました。
 Youtubeにて、 野党4党の挨拶
がご覧いただけます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR