ポ♪ ポイント♪ 倍倍デー♪

2013年05月23日21:26

  はつかぁ~と、さんじゅにっちは、ごぱぁーせんと、おっふっ!

 このフレーズ、みなさまも聞かれたこと、あると思います。3日前、藤井の事務所近くのスーパーでも、某カードで払ったら、お買い上げ金額5%OFF。この5%、多くの方が「消費税分、得した!」と、感じられるのでは?


 藤井の財布には、いろいろポイントカードが・・・。
 「つどい」で、節約術トークで盛り上がることも(笑)
 今日は、どのカード持ち歩いてるかな?と見たら、こんな感じ。むぅ、「これまで、ぎょーさん使うてきたでぇ」と、めっちゃ使い込んでいる感がありますね。特にローソ●カードは。 

 「あんた、サークル●サンクスちゃうんかい!」と、ご指摘されそうですが、事務所から徒歩50秒に、あるのがローソ●

 さて、先週の衆院本会議。17日、消費税大増税を前提に表示・宣伝の制限などを盛り込んだ消費税転嫁法案を自民、民主、公明の賛成多数で可決(日本共産党は反対)。

 「消費税転嫁法案って、なんやねん?」と、思われたみなさん。アレです。

 「・・・春の応援セールは可、値段据え置きは可。せやけど、消費税還元セールは不可、消費税増税分のポイント付けちゃいますも、同じく不可」

 と、もめにもめてる様子に対し、多くの国民が


 「その表示規制、意味あんのかぁ?」

 と、ツッコミ(|| ゜Д゜) ヾ(--;)を入れたアレです。

 反対討論で日本共産党の塩川鉄也議員は、「消費税の2段階の大増税を前提としている」「大増税を強行すれば、雇用の7割を支える中小・零細業者の営業が破壊され、内需をいっそう冷え込ませる」と、指摘。

 この表示規制は、大企業との力関係で立場の弱い中小企業が、増税分の価格転嫁を拒否される「下請けいじめ」を防ぐためと、言われています。
 でも、そもそもこの『下請けいじめ構造』が、何ら改善されていません
 現在でも買いたたきを理由とした摘発例は独禁法で1件、下請法でも1件にすぎません。あかんやん!

 下請けいじめ構造の是正がないまま、『消費税還元セール』等の宣伝・広告を禁止するという、まったく筋違いの規制を熱心に行っていることに問題ありあり。

 2013年版中小企業白書によると、1~2人の小売業は16年間で85万店から50万店へ、従業者数は138万人から80万人へと、それぞれ4割減!4~9人の製造業は15年間で事業所数、従業者数ともに半減(゚д゚lll)企業倒産の要因は、7割以上が販売不振。

 「表示に消費税って、書いてなきゃええよ」など、わけわからん筋違いの規制じゃなく、中小企業の営業と国民生活を底なしの泥沼に突き落とす消費税大増税はきっぱり中止することが、求められていますね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR