コナン君と情報保全隊

2013年05月20日21:06

 今日は、ご高齢の方から生活相談。相談者と、年齢が近い祖母がいるだけに、心配でなりません。微力ですが、ぜひ力になりたいと考えています。
 事務所に戻ると、先日の相談者から「藤井さん、まずは1つ、無事解決しました」と、嬉しい連絡が。それから1時間もしないうちに別の方から、ご相談の電話が。今夜、お話を伺ってきたところです。
 明日も、くらしの相談、駆けつけます!

 さて、今回は先日、講座の学生たちと盛り上がった、某アニメの話でも。

 昨年、「映画は初日に観て、なんぼやん!」と後輩に押し切られ、公開日のナイトショーで、観てきた映画「名探偵コナン11人目のストライカー」

 「藤井さん、また今年も後輩さんと『コナン』、行ったんですかぁ?」と、学生たちから質問が。


 ・・・今年は、思うところがあって見送り中。
 な、なんと今回の舞台が、イージス艦。なんでやねん?Σ(゚д゚;)


 コナン君の心境の変化?に「コナン君、どないしたん?」と、藤井も心中穏やかでない日々を過ごしていたら、今月15日付の「しんぶん赤旗」(学問文化欄)に「名探偵コナン・絶海の探偵」(製作協力に防衛省&海上自衛隊)について、アニメーション監督の有原誠治さんのコラムが。
 コラムを引用紹介すると、


 2003年6月15日付の陸上自衛隊東部方面隊機関紙「あづま」は「新たな時代の広報戦略をめぐって」と題して、「アイディアに困ったプロデューサーやディレクターが、毎日のように問い合わせをしてくるようになった」とメディア業界の様変わりを紹介し「こんな時こそ・・・自衛隊を国民の身近な存在にしていくのが、広報の役割となる」としていた。海上自衛隊の広報戦略も同様だろう。
 深刻なのは、メディア業界が自衛隊への批判的視点を失っていることだ



 と指摘。太平洋戦争時に、子どもに人気の「のらくろ」などを利用して、戦争を楽しく、軍隊を勇ましく、子どもたちに印象付けた例を紹介し、


 戦争の悲惨さを伝えずに、子どもたちが戦争や軍隊にあこがれるように描くことが、どれほど無責任で危険なことか。この歴史的事実にメディアはもちろん、防衛省、自衛隊といえども盲目でいいはずがない

 と、コラムは結んでいました。

 今回の作品には、不審船騒動、スパイの暗躍、さらに情報保全隊の女性自衛官も登場するとか。
 なお、情報保全隊とは(´・ω・`)?

 ~情報保全隊~ 
 防衛秘密の保護と漏えい防止を主な任務とする防衛相直轄の情報部隊。社会保障の充実を求める街頭宣伝や春闘といった国民のあらゆる運動を監視し、参加した人の名前や写真を記録するなど違憲・違法な活動の実態が、日本共産党が入手した陸自情報保全隊の内部文書の公表(07年)で明らかになりました。
 その後、陸海空の3自衛隊にそれぞれあった情報保全隊を09年に「自衛隊情報保全隊」に統合し、10年には民主党政権のもとで増員など体制強化しました。(14日の「しんぶん赤旗」より。また、色つけたりしたけど)


 つまり、高校生たちによる「戦争反対!」パレードも、保全隊の「監視対象」Σ(゚д゚lll)。これには、学生たちも「マジっすか?」「えぇっ!イメージ全然違う!」と、驚き。
 党中央委員会ホームページトップ☛http://www.jcp.or.jp/右上にある検索で「情報保全隊」を検索いただくと、記事が多数出てきますので、ぜひ、ご覧下さいね。

 ちなみに、藤井の好きな歴代コナン映画は「迷宮の十字路(クロスロード)」。実在しないお寺も出てくるけど、京都の観光名所が、たくさん出てきますね。「あ、この場所、行ったことあるで」と、皆で盛り上がったし、ほんま最後まで、犯人わからんかったし。
 一ファンとして、次回作を楽しみにしています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR