これでは「憲法破壊」

2013年04月29日22:29

 昨日、今日と「しんぶん赤旗 日曜版」をご購読いただける方に、出会えました。今週号の日曜版では「改憲論者も怒った 96条改定は憲法破壊!!と、大特集!1面&4面に、憲法改正論者の小林節・慶応大学教授のインタビュー記事が。

 小林教授は「いま問題になっている96条改正は、それ以前の問題―憲法を憲法でなくしてしまう問題」「憲法は権力者たちを縛るものです。変えるには、法律よりも厳格な手続きが必要だからこそ、憲法なんです。その時々の政治の多数派によってクルクル変えさせてはいけない。」と、厳しく指摘。
 「まずは96条を変えて・・・」という姑息な思惑に対して、「『邪道』です。大学で言うと『裏口入学』」「『憲法改正』ではなくて『憲法破壊』。論外です」と、憲法学者の立場から「憲法96条の改定、どこに問題があるのか?」について、わかりやすく解説されています。

 日本の憲法だけが改憲のハードルが高すぎるという説に対してもバッサリ否定!
 「アメリカは、上下両院それぞれの3分の2以上の賛成(ここは日本と同じ)に加えて、50州の4分の3から各州別に同意をとりつけて初めて改正が可能になります。日本以上の厳しさです」「世界では『3分の2』の条件が普通」と、インタビューにお答えになられています。

 
 憲法96条を変えて、改憲発議の要件を緩和する狙いは、どこにあるのでしょう?

 それは、「国民が国家権力を縛る」ための憲法「権力が国民を縛って命令する」ための憲法に変えることですΣ(゚д゚lll) 
 
 「憲法を憲法でなくする」動きに対して、思想・信条・党派など、さまざまな壁を超えて「憲法を守ろうっ!」と、連帯の輪を拡げに拡げていきましょう!

 PS「日記」更新しようとしたら、生活相談の電話が・・・。明日も頑張っていきますょぉ!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR