ネット選挙解禁へ 「日記」も自由になるね

2013年04月12日22:53

 今日の国会。本会議で、インターネットを利用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案を全会一致で可決。参院に送られ、今月中にも成立するとニュースでも話題です。藤井の「日記」でも解禁後、自由に発信できます。
 制約がある今では、たとえば

 「今日は朝から、おとーさんと一緒に車に乗ってました」
 
 と、なんだかとてもほのぼのした感じになっちゃう「日記」しか書けないのを考えると、前進ですね。

 今日の「日記」では、昨日の衆院政治倫理・選挙制度特別委員会の様子と、日本共産党の佐々木憲昭衆院議員の討論を「しんぶん赤旗」から紹介!例によって色つけたりしてるけど。


 衆院政治倫理・選挙制度特別委員会は11日、インターネットを利用した選挙運動を可能とする法案を全会一致で可決しました。

 可決されたのは、自民、公明、維新の3党案を一部修正したもの。政党、候補者、その他すべての者が選挙期間中にウェブサイトを更新するなどして投票を呼びかけることを認める一方、メールの活用は政党と候補者に限定しました。

 日本共産党は、自公維案に対して、(1)選挙運動を行うことができるのは候補者と政党、有権者個人とする(2)メール送信先の規制等を緩和する(3)ネット以外の選挙運動の規制のあり方について検討する―修正案を提出しました。この修正案は可決されませんでしたが、ネット選挙を解禁する前進面があることを評価し、自公維案に賛成しました。

 採決に先立つ討論で日本共産党の佐々木憲昭議員は、「ネット選挙運動の解禁は、有権者が候補者・政党の政策を知る機会を拡大し、国民・有権者が主体的に選挙・政治にかかわる機会を増やすことになり、民主主義の発展に資する」と強調。選挙権を行使するのは主権者である国民の固有の権利であり、有権者個人が利用できるようにすることが基本だと主張しました。

 佐々木氏はまた、主権者でもなく、選挙権も持たない企業にまで解禁すると、営利を追求する企業が組織力と資金力にものをいわせて選挙運動を行えると指摘。民主、みんな両党案では膨大な顧客のメールアドレスを持つ企業が受け手の受信意思とは関係なく大量の選挙用メールを一方的に送りつけることができるとして、そうなれば「選挙に直接影響を与え、国民の基本的権利を侵しかねない」として、企業にメール送信を認める民主・みんな両党の法案には「賛成できない」と表明しました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR