「減税」よりも、くらし優先で

2013年04月06日21:39


 名古屋市で、話題の大金持ち優遇の減税。「庶民減税」と言っても、実は名古屋市民の半数が最初から対象外
 で、残り半分のうち9割が1万円以下の減税。一律減税ですから、なかには500万円も減税される大金持ちもこれじゃ「庶民にちょっぴり、大企業・大金持ちにはどっさり」の逆立ち減税。「庶民」の名が泣きます(´;ω;`)

 「減税で企業がぎょうさん来る」という話もあります。どうでしょう?
 2009年度と減税をした2010年度を前年度比較しますと

 人口(1月1日現在)  8570人増
 個人市民税納税義務者 24084人減
 企業数          447社減
 赤字企業         952社増

 納税者や企業は減り「経済効果」なしですね。

 一方で名古屋市では、国保料の値上げ(算定方式の変更で、加入世帯の3分の1にあたる10万7千世帯に平均3万3千円の値上げ非課税世帯だと1万4千世帯に平均2万円の負担増)。むぅ、高すぎる国保料1人1万円引き下げてほしいな。あと高すぎる介護保険料も引き下げたいし。

 この前、ストップさせた保育料金の大幅な値上げ。もし実行されていたら、4億3千万円の負担増!世帯年収347万円以上は値上げの対象となり、利用者の75%が値上げになるところでした。わずかな「減税の恩恵」もあっという間に吹き飛んでしまいます。
 公立保育園も民営化でなく、しっかりと公立で存続して、認可保育園も増設したいし。「子育てするなら名古屋で!」と、充実してほしいな。

 一昨日報告した敬老パス!これも拡充しましょう。「老後を過ごすのも、やっぱり名古屋で」。大金持ち優遇減税より、福祉・社会保障を温かくしてほしいな。こっちの方が、市民の家計簿、プラスになると思います。

 最後に、なんだか某TVCMみたいですが・・・

 「あなたは、ダレ推し?藤井は、おとーさん推し!」

 ぜひ、ご覧下さいね⇒ほっと!スマイル!おとーさん!柴田たみおhttp://s-tamio.jp/

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR