無効、さらに無効!一票の格差問題

2013年03月26日22:37

 今朝のニュースでは各局、昨日の広島高裁判決(一票の格差問題。昨年12月の総選挙結果にたいし、無効判決を出したこと)が、トップでしたね。夕方には「衆院選 また『無効』」と、今度は岡山2区の選挙無効判決のニュースが。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、昨日の会見で「単なる違憲ではなく、『無効』とした判決は重い。小選挙区制度にこだわる限り、引き続き新しい違憲状態が生まれます。投票価値の平等、民意を反映する制度にするために、比例代表中心の制度に抜本改正することを急いでやることが求められています」と、コメント。

 一昨日の「日記」でも報告しましたが、投票価値の平等、民意の反映が問われているときに「選挙制度改革だ」「まずは、議員が自ら身を削る」と称して、国民の声(民意)を削る比例定数の削減案は、マジありえなぁ~い!な話。
 選挙制度を党利党略でもてあそぶのではなく民意の反映される選挙制度へ、まずは抜本改正に全力を尽くすべきだ(市田忠義書記局長)」が、求められています。

 さて今日の早朝宣伝では、冷えていたので、またコートを着用。ちょい寒い日の推し麺

 中村区の麺屋ごりまる「辛ごりまるラーメン」(850円)。ちなみに麺は、大盛り350gを選択。辛さは+100円で2倍・3倍が、+200円で4倍・5倍が選択できちゃいます。
 藤井は、辛さは標準でお願いしましたが、しだいに汗が・・・。汗を拭きながら、大盛りを美味しく完食!まるで赤いドレスを着たような今回の推し麺。辛いのが、お好きな方は、ぜひっ!~(/≧Д≦)/!!ポカポカしますよ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR