代表質問ムービー、見た?

2013年03月07日21:25

 これは、5日の衆院本会議で行った安倍首相に対する、志位委員長の代表質問時に使われたグラフ。どんなものかと説明しますと・・・

 1997年の増税時は4年間(1991~1995)で労働者の平均年収が21万円もアップ!さらに1995年から2年間で11万円アップしましたが、増税をきっかけにダウン!!(;゚Д゚)!この時の増税が、家計の底をブチ破り、大不況の引き金を引く結果に(ダメじゃん)

 じゃ、今はどうでしょう?逆に2008年から2012年の4年間で21万円、ダウン!同じ21万でもアップやのうて、めっちゃ下がってますやん!(゚o゚;; 

 ちなみに政府の試算でも消費税率が10%になれば、年収500万円のサラリーマン4人世帯で、年間11.5万円の負担増、社会保険料負担増&児童手当削減など含むと31万円もの負担増に。

 現在、労働者の平均年収が21万円も減っているのに、さらに31万円の負担。マジ耐えられません゚(゚´Д`゚)゚。 

 志位和夫委員長&山下よしき書記局長代行の代表質問、党中央委員会ホームページからも、ムービーご覧いただけます。http://www.jcp.or.jp/web_mov/

 志位ムービーは、「デフレ不況打開へ 賃上げし消費税増税中止を 復興政策・TPP・原発再稼働・米軍基地問題など」、迫力たっぷりの34分23秒!山下ムービーは18分14秒で「震災・TPP・賃上げ・オスプレイ 命と安全守る政治への転換を」。ぜひっ、ご覧下さいね!(/≧Д≦)/!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR