1年と11ヶ月が経ちました

2013年02月11日19:44

 今週号の「しんぶん赤旗 日曜版」では、志位和夫委員長&市田忠義書記局長の衆参両院での代表質問を特集。また、現在問題になっている体罰について、柔道金メダリストの古賀稔彦さんのメッセージも。市民のみなさまとの対話でも、大いに話題になりました。 
 藤井が個人的に強い想いを持った記事が、映画「遺体~明日への十日間」監督 君塚良一さんのインタビュー。石井光太著『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社刊)をもとに、東日本大震災直後、遺体安置所で、極限状態の中で人間の尊厳を守ろうとした人々を映画化した作品(今月23日公開)です。
 予告編を観た時から、強い関心を持っていました。同作品のホームページによれば「作品の収益金は被災地に寄付」されるとのこと。

 今日で、震災発生から1年と11ヶ月が経ちました。藤井事務所に毎月、震災救援募金あるいは、救援物資を届けにこられるみなさんの想いに、藤井も心から感謝しています。党派を超えた市民のみなさんと一緒になって、今後も復興救援活動に取り組んでまいります。

 さて、今日も寒い中での活動でした。
 写真は、後援会員さんのお子さんたち(仲良し姉妹さん)から、いただいた手作りクッキー。とても可愛い優しさに、心が温まりました( 〃▽〃)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR