国民の所得増で、デフレ脱却や!

2013年02月01日19:37

 昨日の志位和夫委員長の代表質問、ご覧になられました?ちなみに質問全文は、党中央委員会ホームページからも、ご覧いただけます。ぜひっ!
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-01/2013020104_01_0.html

 私たちの暮らしを襲い続ける、深刻なデフレ不況。アベノミクスの3本の矢で、どうなる?

 「政府の『緊急経済対策』を読んでも、なぜ日本経済がデフレ不況に陥っているのかという原因の分析がいっさいありません。原因を明らかにせずに対策をたてるというのは、たとえていえば、的を定めずに矢を射るようなもので、矢を何本射ようとも、的外れという結果になります。総理は、日本経済がデフレ不況に陥った最大の原因は、いったいどこにあるとお考えなのか」と、志位委員長。

 このグラフはデフレ社会の現状を、よ~く示しています。志位委員長が代表質問で取り上げましたが、1997年を100とした場合、2011年度の企業の経常利益が、163に大幅アップ!一方、労働者の所得&雇用者報酬は、なんと88に落ち込んでいます。Σ(|||▽||| )

 「賃下げリストラの繰り返しで働く人の所得を減らし続けてきたことにこそ、デフレ不況の最大の原因がある」
 「日本を『賃下げ社会』にしてきたのはだれなのか。その重大な責任は、歴代自民党政権にある」
 と、厳しく指摘した志位委員長。これに対しての安倍首相の答弁が、スゴかった。

 「企業の日本経済の将来に対する成長期待の低下やデフレ予想の固定化もあって、デフレが継続してきた」。

 ??(;゚Д゚)? どういうこと?最初聞いたときは、意味がちょっと。要は、国民がデフレになると考えるからデフレになるという“珍論”を展開(今日の「赤旗」より)。ワケわからん。

 ぜひ、今週号の「しんぶん赤旗 日曜版」をご覧いただきたいと、強く思いました。今週後の「日曜版」では、デフレ不況脱出は、所得増がカギと大特集!
 また、見開きでは「若者食いつぶす ブラック企業」を特集!この間、党外の学生たちとの交流会でも就活やブラック企業が、話題になっています。
 明日の「日記」では、ブラック企業について。藤井も考えた「ブラック上司対策」も、ちょこっと紹介!ではでは。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR