「分党」と政党助成金&推し麺!

2012年12月28日21:38

 藤井の「つどい」より、一部紹介!

 「この間、いろんな政党ができたり、なくなったりで、もうわけがわからん!な方も多いと思います。ところで、みなさん、『たいようのとう』って、まだ覚えておられますか?
 実は、『たいようのとう』、私の実家から、よ~く見えるんです(会場:驚き)。・・・大阪の吹田市なんで、大阪万博の『太陽の塔』がね(会場から『そっちかい!』の突っこみ)。この塔と同じ響きの政党が、わずか5日で沈みました(会場:笑)。
 市長が、つくった『脱原発』。こちらは6日で無くなりました。電子レンジも驚き( ̄□ ̄;)!!早技『カイトウ』(会場:笑)。そう考えると、小沢新党の4ヶ月半、長く感じますね。
 その小沢さんの党が、知事がつくった新党『未来の党』に入りました。で、知事は『新党では、小沢さんを表に出さない』と、コメントされた。国民感情としては『表に出ないのなら、たぶん裏でなんかされるんだろうな』(会場:爆笑)。

 日本共産党は国民の苦難を軽減するために奮闘する。国民が主人公と、今年で90年。昨日、一昨日できた新しい政党ではないけど、来週、来月、急にどこかの政党と、くっ付いて無くなったり、政策が変わったりしません。筋を通すブレない党。あなたの想い、安心して託していただけます」

 藤井の「つどい」、いつもこんな感じ。よければ一度笑いに、もとい、お聞きくださいませ。

 さて「未来の党」が、「分党」しました。小沢さん系議員が残り、名前を「生活の党」に改名。嘉田知事らが、党を出る形で新しい「未来の党」設立へ。
 マスコミ報道によれば、8億5千万円程度の政党助成金は、「小沢党」へ。さすがのマスコミも「わすが1ヶ月で分裂」「行き着く先はカネ」(政党助成金)と、手厳しい見出しが。そもそも民意は、どこへ(´・ω・`)?
 
 ふと思い出すのが、政党助成金の話をしていた時に、隣で聞いていたお子さん(小学生)の「私の250円(国民一人、年250円ずつ取られています)は、その助成金でなく、全額被災地のために使ってほしいな」の言葉。
 多くの国民のみなさんが、そう思われてるのでは?年間320億円の政党助成金、直ちに廃止して、全額福祉や被災地支援など、社会に貢献できるお金に活かしていきましょう!

 さて、今日の「推し麺」。中村区の「麺屋ごりまる全のせ つけ麺』(1100円)」。仕事帰りに大盛りを注文!
 実は食べたのが、政治戦が始まるちょい前。「これを食べて、スタミナつけて、12日間乗り切るぞぉ!」と、美味しくいただきました。ぜひっ~(/≧Д≦)/!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR