3つの基本姿勢&一人の死者も出さない越冬に!

2012年12月27日18:16

 昨日、志位和夫委員長は党議員団総会の挨拶で、安倍・自公政権に立ち向かう3つの基本姿勢を表明しました。ダイジェストで、その3つを紹介!

その1 
 「アメリカいいなり」「財界中心」の政治のゆがみ(無制限の金融緩和、大型公共事業ばらまき、憲法改定、原発推進などを打ち出して、破綻した古い政治)が、自公政治のもとでむき出しになりつつあるもとで、これと対決して奮闘する。党の「改革ビジョン」を掲げて正面から対決する。

その2
 どの分野でも「たたかいはこれから」。消費税増税、TPP推進、原発推進路線が国民との激しい矛盾を広がり、そして安倍・自公政権に解決策はない。各分野の国民的運動を発展させる一翼を担って、日本共産党は頑張る。

その3
 新しい国会の政党配置における日本共産党の位置について。消費税では自公民が「増税連合」をつくり、憲法改定では自公と維新の会、みんなの党が「改憲連合」をつくりだそうとしている。これらと正面から対決し、国民多数の声を堂々と代弁して頑張る。

 新しい国会では、訴えた公約実現のために全力をつくし、「国民が主人公」の日本を実現するために奮闘します!

 さて、寒い越冬の季節がやってきました。今年も名古屋越冬実行委員会のみなさんが、「第38回 名古屋越冬活動」(中村区の西柳公園:今月28日~1月3日)を行います。
 さまざまな理由で野宿を強いられている方々、家はあっても生活困難に陥っている方々。「一人の死者も出さない越冬にしよう!」と、今年も市民のみなさまから、お米や衣類など、カンパ物資をいただきました。写真は、その一部。明日の夕方、藤井が現地に届けて参ります。
 みなさんの温かい気持ちに感謝!です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR