アベノミクスって、なんやねん?

2012年12月25日12:50


 週刊誌の見出しでも見かけるようになった「アベノミクス」。一昨日の「しんぶん赤旗」の3面「なんだっけ」欄に良い記事がありました。
 残念ながら党中央委員会ホームページでは、この記事が掲載されてなかったので、記事をほぼ9割そのまま「日記」で紹介します。例によって色がついてたり、一部関西弁になってたりしてますが(笑)

アベノミクスって、なんやねん?
安倍自民党総裁の経済対策(造語)のことを指します。

中身は、どないなってんの?
総選挙での「国民と自民党の約束」や安倍氏の発言から以下のとお物価上昇率を2%に設定⇒その目標達成するまで日銀に金融緩和を無制限に続ける⇒建設国債を発行し、200兆円規模の大型公共投資を推進。建設国債は日銀に全部買わせる。安倍氏はさっそく日銀総裁に「2%の物価目標」を迫りました。

なんで、そないなことするん?
「デフレ脱却」のためという「デフレ」とは、継続的な物価下落のこと。賃金が減り続け、物を買う力が弱くなり、値段を下げてでも売ろうとさらに賃金を下げると、物が売れなくなる。そこで、お金をドンドン供給して物価を上げようという考えです。

ほな、賃金は下がったままやのに、物価だけ上がってまうん?
庶民はたまりません。賃金下げが不況の引き金になっているのだから、賃金を引き上げ、物を買う力を強くすることこそが大切。無制限の金融緩和で物価を上げれば、物価上昇に歯止めが効かなくなる恐れも((((;゜Д゜))) 大手ゼネコンを喜ばせる大型公共事業を推進するために、またまた国の借金を増やし、庶民には10%の大増税では家計も経済も財政も壊してしまいます。

PS「この前、藤井君によく似た、関西弁を話していた人を見かけたよ」と、よく声をいただきます。それ、たぶん藤井です。プライベートで相手も関西人でしたら、関西弁になりますので(笑)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

市民+野党共闘が広がる
 残念ながら、日本共産党は衆院選挙で議席減となりました。
 しかし、市民と野党の共闘は広がりました。
 今後さらにこの共闘を広げ、安倍政権の憲法改悪を阻止しましょう。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR