政党助成金(320億円)削りなさい!

2012年11月20日20:30

 昨夜のこの時間帯は「(女性限定の)つどい」に参加(//∀//)。明日も「つどい」を掛け持ちで行います!
 さて、今日の「しんぶん赤旗」「主張」欄(一般紙の社説にあたる)に議員定数問題について触れていました。「まず議員を削るべき」と、盛んに宣伝されていますが、議員削って浮くお金より、ずっと大きく浮くのが、政党助成金(年間320億円)!議員を削って、本当に削られるのは、実は民意。今日は、この問題をご一緒に考えてみましょう。


衆院定数削減
「身を削る」なら政党助成金を 
 野田佳彦政権の民主党と、自民、公明両党は、衆院の解散直前の国会で、衆院の定数削減について「次期通常国会終了までに」結論を得るという合意を取り交わしました。議会制度の根幹に関わる問題を、一部の党で進めること自体問題ですが、合意のもとになったのは民主党が提案した比例定数の40削減案です。比例代表は国民の意思を議席に正しく反映する唯一の制度です。国会から民意を締め出す比例定数の削減は許されず、これらの党が「身を削る」というならまず憲法違反の政党助成金を廃止するか受け取りを断るべきです。

民意の反映妨げる改悪

 野田首相は、国民世論に追い込まれた衆院の解散にあたって、赤字国債を発行する特例法の成立や社会保障制度の改悪を検討する「国民会議」の発足と合わせて、最高裁から「違憲状態」と判断された「1票の格差」是正と衆院の定数削減を持ち出しました。消費税増税で現役世代に、赤字国債発行で将来世代に負担を求める以上、国会議員も自ら「身を削る」というのがその口実です。
 ところが実際に民主党が持ち出してきたのは、現在の小選挙区比例代表並立制を前提に、小選挙区の定数を全体で5減らす「0増5減」を行い、定数削減については従来の主張どおり比例定数を40削減するというものです。比例定数削減についてはさすがに自公も同意せず「0増5減」の小選挙区の区割り見直しだけが成立しました。
 もともと衆院の選挙制度で問題になってきたのは、現在の選挙制度(小選挙区比例代表並立制)では国民の意思が正しく議席に反映されず、大政党に有利な不公平な制度になっていることです。選挙制度の抜本改革が各党間で話し合われてきたのに、「0増5減」だけで小選挙区を固定化させ、抜本改革を棚上げするのは許されません。

 しかも得票に応じて議席が配分される比例代表は、現行制度で唯一民主的な制度です。一部の党の談合でその定数を削減するのは、民主主義を破壊し、制度のひずみをひどくするだけです。民自公の談合政治のもとでは、消費税反対などの国民の民意を国会から締め出すことにしかなりません。
 民主党は定数削減を国会議員が「身を削る」ためといいますが、国会から主権者である国民の意思を締め出すのを「身を削る」などとごまかすのは論外です。消費税増税や赤字国債への依存自体問題ですが、「身を削る」ためには憲法違反の政党助成金を廃止するなどやるべきことはたくさんあります。それもやらずに「身を削る」などというのは、国民をごまかす言い分にしかなりません。

憲法違反の政党助成金
 もともと政党助成金は、思想・信条や支持政党にかかわりなく国民に負担を押し付け、政党が分け取りする憲法違反の制度です。日本共産党は制度発足以来1円も受け取っていません。ところが他の政党はすべて受け取っており、17年間で約5500億円にのぼる助成金を分け取りした金額は、自民党が2540億円、民主党は1630億円などとなっています。
 日本共産党は17年間で350億円以上にのぼる助成金の受け取りを拒否し国民の浄財だけで財政を賄っています。民主党が「身を削る」というなら、助成金受け取りをいますぐやめるべきです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR