「日本共産党の兄ちゃん」紹介します

2012年10月20日21:40

 「日本共産党の兄ちゃん」紹介リーフができました。今日は、これを持って署名宣伝。ご署名されたみなさん、「臨時国会を早く開け!」「早く民意を問うべきだ」「マニフェストに書いてないことばかり、何やってんだ」と、お怒り。
 日本共産党、国民の生活が第一、みんなの党、社民党、新党きづな、新党改革、新党日本の書記局長・幹事長は18日、国会内で会談し「臨時国会を早期に開き、重要課題について議論し争点を明確にした上で、衆議院をすみやかに解散し国民に信を問うべきである」とするアピール(全文別項)を発表。アピールを民主党に届けました。アピール全文は、

一、先の通常国会において民主・自民・公明3党が消費税増税法案の成立を強行したことは、民意を無視した暴挙である。国民との約束、国民の声に背く政治姿勢をとり続ける野田内閣は不信任に値する。

一、今日、消費税増税問題をはじめ、震災復興予算問題、原発問題、外交問題、衆参の一票の格差問題などの重要問題が山積している。臨時国会を早期に開き、これら重要課題について議論し争点を明確にした上で、衆議院をすみやかに解散し国民に信を問うべきである。


 会談後の合同記者会見で、日本共産党の市田忠義書記局長は「消費税増税を談合で決めた3党(民主・自民・公明)だけで臨時国会や解散をどうするかという国民不在の党利党略的な醜い姿を示している。民自公を除く7野党は国民の声を代弁して論戦をやりながら追い詰め、解散に追い込んでいくという立場だ」と発言(そうだ!)。今日は、このアピールで大いに盛り上がりました。
 夜は、飛び込みの生活相談が。お話を伺い、今後の対策について話し合いです。ご安心いただき、藤井も喜んでます。
 さてさて、冒頭の新しい藤井リーフ。「原発ゼロジャパンつくろまい!」の活動や、「消費税増税に頼らない別の道がある」宣伝、みなさんとご一緒に取り組んだ東日本大震災ボランティア活動など、この間の藤井の活動を紹介。
 よ~くご覧いただくと「趣味はエジプト考古学、ラーメン食べ歩き」の文字が。で、今回の「推し麺」。
 名駅前での仕事帰りにいただいた「麺屋ごりまる『台湾まぜそば』(850円)」。
 「ちょっち辛いけど、これが麺&具材にあって美味しい!」と、味わいながら幸せいっぱい。でも後半からは汗が・・・。ミンチの辛さ、いい感じでピリピリッ!と、パンチが効いてます。にんにく有無を選べますが、もちろん有でスタミナつけてきました。夜でもライス無料ですから、美味しい「追い飯」も味わえちゃいます。
 ぜひっ~(/≧Д≦)/!!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

「文化と講演のつどい」
 党中村区後援会は総会を開催します。入場無料ですので、多数ご来場ください。
日時:9月30日(土)13:30~
会場:中村文化小劇場
1部 懐かしの歌の数々
   by アンサンブルDream
2部 もとむら伸子国会報告
3部 後援会総会

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR