画期的な意義 首相の問責可決

2012年08月30日21:50

 昨日の参院本会議で、日本共産党など7会派が提出した野田首相問責決議が、可決されました。増税反対の輿論を反映した画期的意義をもつ可決です。日本共産党が、問責決議案に賛成した理由として、

●民主党政権が「自民党政治を変えてほしい」という国民の願いをことごとく裏切った
●民主、自民、公明が談合して消費税大増税の悪法を強行した
●福島原発事故の被害が続いているにもかかわらず原発再稼働を強行した
●対米追従外交により世界一危険な沖縄・普天間基地に世界一危険な軍用機オスプレイを配備する計画を強行しようとしている―

 が挙げられます。ネットの書き込みを見ても「解散して国民の信を問え!」が大多数。首相は、この可決を重く受け止めるべきです。
 本日の宣伝でも大いに訴えました・・・が、とにかくまだ暑い!宣伝していると、肌がチリチリと焼けていくのを実感。でも本日は声援だけでなく、冷たいジュースの差し入れなどもあり、めっちゃ感謝!です。
 月末になると生活相談が、飛び込んできます。一昨日2件、昨日1件、で今日1件です。でも8月も明日で終わるのに、この暑さはなんやねん!?みなさん、残暑がまだ厳しいので、体調管理にお気をつけてくださいね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR