危険すぎるって!オスプレイ配備

2012年07月23日18:57

 また「国民の声」を無視して民主党政権が、大暴走!プロペラの向きを変えたらヘリコプターのようにも固定翼機のようにも飛行するオスプレイ。
 このオスプレイは、エンジンが故障した場合、安全に着陸できません。野田政権はエンジンが停止しても、固定翼モードに移行して滑空するか、ヘリモードに移行し、オートローテーション(自動回転:降下の際に生じる空気の流れで回転翼〈プロペラ〉が回り安全に着陸すること)で緊急着陸するので安全と言っていますが…

 アメリカ元主任分析官レックス・リボロ氏の話 
 「ヘリモードで故障した場合、固定翼モードへの変更はマニュアルで禁止されている」
 「オートローテーション機能があるが、危険すぎるため実証する試みさえされていない」
 「600m以下の高度でエンジンが故障したら操縦不能になり死亡事故につながる」

 アメリカ国防総省の公式報告文書では
 「同機は、確実に自動回転して安全に着地することはできない」

 今月9日、日本共産党の赤嶺衆院議員は、国会でオスプレイの事故について追及。
 赤嶺 「オートローテンション機能が実証されているのか」
 防衛相「私が乗っていないので何とも言えない」

 おいおい。赤嶺議員は「乗ったら実証できる」という理由で配備するのは大問題であり、欠陥機オスプレイの配備中止を主張しました。

 今や、世代や党派を超えて「オスプレイ配備NO!」の声が上がっています。日本各地で予定されているオスプレイの低空飛行訓練ルートは、なんと6つ!アメリカ言いなりの政府は、まさに「アメリカの出先機関」な感じです。
 明日の宣伝では「オスプレイ配備中止」ニュース&先週の「赤旗 日曜版見本紙」(オスプレイ特集)を配布します。見かけましたら、お気軽に受け取ってくださいね!ご一緒に「オスプレイNO!」の声を拡げていきましょう!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR