大飯原発再稼動問題。知事に要請してきました

2012年04月14日18:35

 「安全抜きで大飯原発再稼動いいのか」世論の声が怒っています。昨日、かわえ明美さん、もとむら伸子さん先頭に、共産党愛知県委員会は、大村知事あてに大飯原発3、4号機の再稼動を許さず、原発撤退へ積極的な努力を行うよう要請しました。要請には藤井も参加しました。今日はその要請の紹介。

                  2012年4月13日
愛知県知事 大村秀章 様
                 日本共産党愛知県委員会
                 委員長 岩中正巳
愛知県民の安全を守るため、大飯原発3・4号機の再稼働の押し付けを許さず、原発からの撤退への積極的なあらゆる努力を求める要請書

 野田佳彦首相と枝野幸男経産相ら3閣僚は9日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、関西電力からの「安全性向上」への工程表を大筋で了承、“電力不足”状況を精査したうえで再稼働判断に踏み切る構えです。
 大飯原発再稼働の関係閣僚会合は、開始から3日間で「基準づくり」、3日間で基準に合わせた「対策づくり」という、“安全抜きで再稼働ありき”の拙速な対応となっています。福島原発の事故原因も、事故収束の見通しも明らかにならない時点での再稼動の強行は絶対に許されません。
 政府の「新基準」(3基準)は、新たな安全対策として防潮堤かさ上げなど中長期の時間がかかるものが含まれていますが、実現ではなく計画を出せば認められるものです。他の2基準も、「ストレステスト」(耐性試験)など実施済みの「安全基準」の焼き直しにすぎず、新たな実効ある「安全基準」にはなりえません。
 世論調査でも62%が再稼動に『反対』と回答し、政府の安全審査を「十分でない」と回答した方は84%に達しています(「毎日」4月2日付)。また、愛知県の中小企業経営者へのアンケートでも、「時期尚早」を含め再稼働に反対する意見が7割近く(「中日」4月2日付)を占めており、国民の多数が再稼動に反対しています。こうした世論に背を向け、再稼動を強行することは、政治への信頼を失墜させることになることは明らかです。
 福島原発事故は原発から100km以上離れた地域の人々をも苦しめています。政府はいまだに原発からの直線距離で安全対策を行う範囲を議論していますが、福島原発の事故でも放射性物質は同心円状に広がらず、風向きや地形によって拡散することが明らかになっています。愛知県は稲沢市、愛西市、一宮市の一部が大飯原発から100キロ圏内となっており、名古屋市も直線距離で120キロの位置にあります。大飯原発からは伊吹おろしのような風に乗って数時間で放射性物質が愛知県に飛来する危険が指摘されており、愛知県は文字通りの“地元”として、県民の安全と健康を守る責務があります。
 よって、以下の内容を要請します。
             記
1、住民の安全が確保されない大飯原発の再稼動を許さず、原発からの撤
 退への積極的かつ可能なあらゆる努力を行うこと
2、愛知県として、被害が想定される地元意識をもって政府に大飯原発の
 再稼動しないよう要請すること
3、少なくとも愛知県が関西電力と実効性のある安全協定を締結すること
 以上

 さて、お知らせが。20日(金)に今度は中村区にキャラバンカーが来ます。区内各地のスーパー前で署名宣伝行動予定です。先日は中川区で江上さんとご一緒でしたが、今回はスタートからラストまで藤井が弁士。
 ずっとキャラバンカーに乗りっぱなしなので、今回は宣伝後、各スーパーさんのお買い得品を買えないのが、ちょっと残念!「あぁ、今日は○○が安いのに」「今なら先着○○名に間に合うのに…」と指をくわえながら、次のスーパー前へ行くことになりそう(笑)。
 20日に「元気な共産党の兄ちゃん」を見かけましたら、お気軽にご署名お願いしますね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR