心温まる「救援物資」

2011年10月27日20:28

 今朝は寒かったですね。高気圧による放射冷却の影響で、名古屋市も10度を切りました(9.7度)。マフラーが恋しくなり、訪問先で猫ちゃんを見つけたら、抱きしめたくなる(でもスーツだと、あとが大変ですが)、そんな季節になってきました。自宅のこたつも、そろそろいつでも出せるように準備せねば…。

 「暖かい話」だけでなく「温かい話」も。本日、党員さんから被災地への救援物資として、羽毛布団や毛布、なんとこたつまで預かりました。先日、支部から預かったジャケットや礼服、お米などと一緒に明日、大きなダンボール数箱に分けて、現地へ届けます。
 現地のセンターへ連絡を入れると「これから寒くなるので、仮設住宅のみなさんも大変喜ばれる」とのこと。みなさんの温かい気持ちに、私も心が温まりました。これからも救援物資の活動に取り組んでまいります。

 さて、明日は冷え込みは弱いようですが、みなさん風邪にはお気をつけてくださいね。それでは。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR