原発問題を考える「集い」に参加

2011年09月18日22:29

 昨日、報告しました豊臣くらしを考える会の「集い」に参加してきました。党県委員会常任委員の、もとむら伸子さんが講師です。講義形式ではなく、プロジェクターを使っての説明でしたので、参加者からも「ただ聞いているだけでなく、画面があるから理解も深まるし、なによりわかりやすい」と好評。もとむらさんの解説後の感想&意見交流でも「浜岡原発は、やはり危険だ。廃炉しかない」「原発が実は、水力や火力よりも高コストであることに驚き。騙されてはいけない」「そもそも原発とは?が、よくわかった」と好評。参加者も20代から70代まで、20人の方が参加です。
 私も参加して、理解を深められよかったです。


 さてさて、一部の方にご心配かけました藤井の筋肉痛、まだ痛いですが、ほぼ治りました。
 実は一昨日の休日、後輩と古都へ。寺社仏閣巡ったり、修学旅行生たちと仲良くなったり、楽しかったのですが…。夕方、某寺の五重塔の前で突然、両足&左腕の肉離れになりました。普段、自転車で区内を駆け回っていますが、それだけでは運動不足のようですね。ちなみに、この後輩と5月に明日香村ハイキング時も、やはり夕方に筋肉痛が。

 突然襲った激痛に「痛っ!」と、倒れこんでしまいました。右手で左腕をカバーし、左手は左ふくらはぎを必死に押さえながら、苦痛に顔を歪め倒れる藤井。その隣で、細い肩を震わせながら(思わず、大笑いしそうなのをこらえている)立ち尽くす後輩の後ろ姿。

 確かに、これだけ観ると2時間サスペンスものの1シーンですね。近くにいた親切な観光客さんが「君たち、どうした!?」と駆けつけてくれました。事情を話すと大爆笑でしたが、その方とも、ご一緒に見学ができました。

 でも、とても恥ずかしかった(//∀//)ので、2年前まで続けていた週1のスイミングを再開しようと思います。みなさんも運動不足には、気をつけてくださいね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR