FC2ブログ

議員報酬増額分 倉敷市西日本豪雨災害義援金に寄付しました

2018年09月25日15:58

 2016年4月から、議員報酬が800万円から1450万円に引き上げられました(日本共産党は反対)。同年2月から3月にかけて全国放送のワイドショーでも大きく取り上げられた、名古屋市議会の報酬増問題。
 報酬引き上げ決定後、党市議団は記者会見を行い、

●800万円を超える増額分については、寄付をする。報酬の増額分を生活費や議員活動費などに充当せず、今までどおりの手取り額で活動していく

●寄付先は、東日本大震災の被災地など、市外の自治体や団体に寄付をする。あるいは、増額分を積み立てておいて、公職を辞した後に名古屋市や市内の団体に寄付する(注:公職を続けている限り、市や市内の団体に寄付をすると公職選挙法に触れるため)

 等を発表しました。
 その後、増額分の一部を平成28年熊本地震義援金に寄付しています。

 今年7月5日から降り続いた「平成30年7月豪雨」では、甚大な被害が各地で発生しました。
 7月31日、積み立てていた報酬増額分から岡山県の倉敷市

 西日本豪雨災害義援金

 として、寄付させていただいています。
 以下、寄付の際に添えた、倉敷市への応援メッセージです。

 名古屋市消防局【公式】のTwitterで、倉敷市での緊急消防援助隊愛知県隊の活動や被災地の様子を見ました。
 義援金が被災者の皆さんへの支援及び復旧活動に役立ていただければ幸いです。


 義援金を市内の某銀行窓口から振込ました。振込後、銀行を出ようとしたら窓口の女性から、声がかかりました。

「ありがとうございます。実はうちの叔母が倉敷に住んでいて、豪雨で家がダメになりました。ありがとうございます」

 涙声の声かけに、胸が熱くなりました。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

ご支援ありがとうございました
 日本共産党へのご支援いただきありがとうございました。
 残念ながら愛知選挙区では当選できませんでしたが、今後も公約の実現をめざしてまい進してまいります。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
前名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
前名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR