FC2ブログ

市議会本会議で個人質問しました① 介護保険に係る利用者負担の軽減について

2018年06月25日16:13

22日の午前、市議会6月定例会本会議にて個人質問を行ないました。
今回の「日記」では、「介護保険に係る利用者負担の軽減について」の質問を掲載します。「市営住宅への入居施策について」の個人質問は次回、掲載します。

 介護保険に係る利用者負担の軽減について

 【藤井、演壇にて】
 通告に従い、質問します。
 先日、老々介護をされている皆さんにお会いしてきました。認知症の夫を介護する女性からは「在宅介護を前面に推し進めるのであれば、介護する人のフォローをしっかりしてほしい」、神経障害で膝から下がマヒして歩行が困難な妻を介護する男性からは「自分の息子や娘に、自分たちの介護を頼れる時代ではなくなった」などの声がありました。
 80代2人暮らし夫婦の老々介護の実態を、紹介します。

 要介護5、障害者1級の妻を夫が介護しています。妻は、ベッドから降り立つことはできますが、歩行はできず、寝たきりに近い状態です。

 「できるだけ、自宅で過ごしたい」という妻の希望に応えて、デイサービスを週4日利用され、残り3日間は、ヘルパーを利用しています。
 月の介護保険利用料は6万円を超えるため、高額介護サービス費を利用しています。上限額24600円ですが、介護に関する費用はこれだけではすみません。
 「自分の飯は自炊するが妻には、柔らかい美味しい物を食べさせたい」と、妻の毎日の夕食は配食サービスを利用します。この夕食代で月19200円かかります。これは介護保険の対象外です。同じく対象にならない紙おむつ代が月3000円ほど、他にも介護に関わる日常生活費を合わせますと、介護に関する費用は、毎月5万円を超えます。

 介護保険利用料の一割負担と、保険外の負担を合わせた介護関連費用が、在宅介護で大きな負担となっています。

 夫婦の年金、月169000円から、アパートの家賃や社会保険料を引き、介護に関する費用を引きますと残り7万円ほど。これが月の日常生活に使える金額です。
 夫は話します。「連れ添って55年、長年支え合ってきたが、日々の介護で、ゆううつになる時もある」
 こういった声や相談は少なくありません。

 わが会派はこの間、この場で介護保険利用料の減免を求めてきました。2011年3月定例会では、「低所得者のための利用料の減免を行なう御意思はありませんか」のわが会派の質問に対し、河村市長は「せっかく御指摘があったので、ちょっと一遍勉強させていただいて」と答弁されています。

 勉強している間に何が起きたか。1割負担が、一定の所得がある方には2割負担へと増えました。保険料も利用料も負担が重くなってきただけではありませんか。

 愛知県下54の自治体では、どうでしょうか。21市町(しまち)において、介護保険利用料の低所得者減免を実施しています。そのうち9自治体が一般会計からの繰り入れを行なっています。「介護保険制度は全国一律の制度だから、法制度の枠組みの中で対応を」と名古屋市はいつも言っていますが、これだけの自治体が独自に低所得者減免を行なっています。

 そこで健康福祉局長にお尋ねします。

 在宅で介護をがんばっている、低所得高齢者を対象にした介護保険利用料減免、たとえば非課税世帯の在宅介護において、まずはデイサービスやヘルパーなどの利用料を軽減すべきと考えますが、いかがですか。お答えください。

 さて、介護保険以外に、低所得の在宅高齢者の介護に対し、自治体独自のサービスが行われているところもあります。
 たとえば新潟市では、在宅の要介護高齢者を介護している方に、介護サービス利用支援給付費を支給しています。要介護3~5で市民税非課税世帯に該当する65歳以上の高齢者を在宅で介護している同居の家族に、月額8000円、年4回(7,10,1,4月)支給しており、年5000件を超す実績であると伺いました。
 
 介護保険以外にも独自の仕組みをつくり、介護者の負担軽減につなげているのです。
 名古屋市として、低所得者の介護保険利用者に対し、費用負担を少しでも軽くする施策ができないでしょうか。
 そこで健康福祉局長にお尋ねします。

 在宅で介護をされる場合、介護保険以外にも費用がかかり、低所得の在宅介護者には負担が重いと考えます。負担軽減のため、在宅で介護している同居の家族に、市独自の介護サービス利用支援給付費を行う、お考えはございませんか。お答えください。

 【健康福祉局長】
 在宅の低所得高齢者を対象にした、ご提案の介護保険利用料減免につきましては、介護保険制度は全国一律の制度であることから、利用料の負担軽減については、本来、法制度の枠組みの中で対応するべきものと考えています。

 本市では、法制度の枠組みの中における低所得者の利用料負担軽減のための事業として、平成30年1月から、認知症高齢者グループホームに入居する低所得の方に対する居住費の助成を行っているところでございます。

 本市といたしましては、全額市費による低所得者の方に対する利用料の負担軽減の実施につきましては困難であることから、利用料の負担軽減については必要な措置を講ずるよう、大都市民生主管局長会議等の要望活動を通じ、国に対し要望しているところでございます。
 
在宅の要介護者を介護している方への給付制度につきましても、「全国一律」の介護保険制度の枠組みの中で対応すべきものと考えており、本市としましては、必要な介護サービスを安心して利用いただけるよう相談体制の充実等に努めて参りますので、ご理解賜りたいと存じます。
 【藤井、自席にて】
 介護保険に係る利用者負担の軽減について、再質問します。
 介護保険利用料減免についてです。河村市長の「一遍勉強させていただいて」の答弁から7年、そして国に対して十数年に渡って、要望し続けてきただけで何の変化もありません。県下では、すでに約4割の自治体が取り組んでいるのです。
 本市の介護保険料は、この春の値上げで、県下で一番高くなりました。せめて、利用料減免に、一歩踏み出すべきです。

 在宅介護をされている、低所得高齢者の負担について今回、指摘しました。「介護保険制度は全国一律の制度」とのご答弁ですが、保険外の負担は「全国一律」ではありません。

 そこで健康福祉局長にお聞きします。
 介護保険以外にも介護に関する負担がある。在宅介護のこの負担が重いと考えていますか。
 また、今回紹介したような在宅介護の低所得高齢者の負担や実態について、当局は具体的に把握していますか。お答えください。

 【健康福祉局長】
 在宅介護をされている低所得の高齢者について、介護関連の費用負担についての考え方や、実態の把握についてお尋ねをいただきました。

 本市では、要介護高齢者の方々の介護の実態を把握するため、介護保険在宅サービス利用者調査を3年ごとに実施いたしております。

 在宅介護をされている低所得の高齢者にとって、その方の状況によっては、介護関連の費用が負担になることがあると考えております。

 このようなことを踏まえ、繰り返しにはなりますが、本市といたしましては、利用料の負担軽減について必要な措置を講ずるよう、大都市民生主管局長会議等の要望活動を通じ、国に対し要望しているところでございますので、ご理解賜りたいと存じます。

 【藤井、自席にて】
 答弁いただきました。
 介護保険在宅サービス利用者調査についてです。
 同調査では、「介護に関する悩みや心配事について」の質問で「介護に要する費用の負担が大きい」の選択肢はありますが、毎月、いくら払っているのか。保健外の負担がどれだけあるのか。については聞いてないじゃありませんか。
 これでは在宅介護をされている、低所得高齢者の負担や実態について、リアルに把握するのは難しいと考えます。直接聞き取り調査を行って、その実態を把握してください。

 また、保険外の負担に対し、介護支援給付費や紙おむつの支給などに取組んでいる自治体もあります。
 「在宅介護をされている低所得の高齢者にとって、その方の状況によっては、介護関連の費用が負担になることがある」と答弁されました。負担を認めるのであれば、本市でも独自に利用者負担の軽減に取り組むよう、強く要望しておきます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

「市政アンケート」
 日本共産党名古屋市議団は2年に一度、市政アンケートを配布し、寄せられた皆さんの声を議会質問や予算要望などに活かし、その実現に全力をあげています。
 アンケート用紙にご記入のうえ、付属の封筒に入れて切手を貼らずに投函して下さい。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR