FC2ブログ

住民の皆さんに、丁寧な説明を ~名古屋競輪場におけるナイター場外車券発売・ミッドナイト競輪の実施について~

2018年03月28日18:02

 2015年度から3年間に渡って、藤井は名古屋競輪組合議会議員を務めています。
 本日の名古屋競輪組合議会において、ナイター競輪場外車券発売(2018年7月以降予定)、ミッドナイト競輪の実施(2019年10月以降)の関連予算を含む、「平成30年度名古屋競輪組合一般会計予算」「平成30年度名古屋競輪組合競輪事業特別会計予算」が、賛成多数により可決されました。

 ナイター競輪場外車券発売とは、本場以外の他場でのナイター競輪(夕方から午後8時30分頃まで)の車券を発売します。
 ミッドナイト競輪とは、本場開催ですが無観客でレースを行い、レースは午後9時過ぎから深夜の午後11時30分過ぎまで行われます。車券はネットで発売します。

 当局からは、名古屋競輪におけるナイター場外車券発売やミッドナイト競輪実施について、昨年12月に周辺学区の区政委員長に説明。今年2月に周辺学区の区政連絡協議会で説明。2月中旬以降、町内会をお知らせ回覧板による周知をしていると、答弁がありました。

 ナイター場外車券発売やミッドナイト競輪実施に関し、この間、中村区の皆さんからもお問い合わせをいただいています。
 周辺住民への丁寧な説明がされているのか。


 本日の議会で私は先月、視察で訪れた埼玉県西武園競輪場でのミッドナイト競輪実施における、周辺住民への説明について紹介しました。
 なお、左の写真は、ミッドナイト競輪開催時の西武園競輪場を訪れた時の写真です。

 西武園競輪ではミッドナイト競輪を実施するにあたって、平成27年11月に地元への打診を行ない、平成28年1月に合意書を取り交わしました。また同年3月には、地元住民の立ち合いの下、借り受けた照明施設を使って、照明のテストを行うなどされています。ここまでして、初めて同年の9月議会に補正予算案が提出されました。
 住宅街が目の前にある名古屋競輪に対し、西武園競輪は隣接する住宅街が約170mほど離れていますが、議会に予算を提出するまでここまでされています。

 名古屋競輪の場合、昨年11月の競輪事業活性化特別委員会で、初めてナイター場外車券発売とミッドナイト競輪実施について触れるところがありました。そして本日の議会で予算です。

 私からは、「住民への丁寧な説明や、周辺学区との合意書を交わす。西武園のような説明をまずしてから、初めて議会にナイターやミッドナイトに関する予算を出すべきではないのか。周辺住民の声の把握において、西武園と名古屋競輪との対応の違いをどう捉えているのか」と質しました。

 競輪組合からは、
「合意書をとっているのは、競輪場ごとの対応である。西武園と比較すると、名古屋はスピィーディ―かと思う」
 という主旨の答弁でした。当局も認めるように、急ぎすぎです。

 私(藤井)からは、昨日の朝、喫茶店でモーニングをしていると「前日、こんな回覧板が回ってきて驚いているんだけど」と、回覧板のコピーを見せてくれた、お客さんがおられたことを紹介。まだナイター場外車券発売やミッドナイト競輪に関し、住民の皆さまに周知されたとは言えないこと。
 また、1949年に名古屋競輪場が中村区に竣工して今年で69年。私の知人には長年競輪場で働いていた方や、夫が昔、競輪選手だった方もおられる。中村区の皆さんに、なおさら丁寧な説明が必要なのでは?周辺住民の皆さまへの説明より、議会の話が先行する今回の進め方は、問題であると厳しく指摘しました。

 そのうえで無観客で、夜の9時過ぎから深夜の11時30分過ぎまで行うミッドナイト競輪についても、問題点を追及。
 最後に競輪の歴史を紐解くと、刑法の賭博罪の特例として認められた公営ギャンブルであり、誕生の背景としては、戦後の窮乏した地方財政、戦災都市の復興をはかるためだった。名古屋競輪場もその一つであり、今年で69年になるが今回、ミッドナイトを2019年度に開催することで、結果として朝から深夜まで競輪を行ない続けることになり、単に射幸心をあおりことにつながるのではないかと、重ねて指摘しました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

「市政アンケート」
 日本共産党名古屋市議団は2年に一度、市政アンケートを配布し、寄せられた皆さんの声を議会質問や予算要望などに活かし、その実現に全力をあげています。
 アンケート用紙にご記入のうえ、付属の封筒に入れて切手を貼らずに投函して下さい。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR