FC2ブログ

名古屋城天守閣積立基金の積立について質疑

2018年02月28日18:12


 今週の月曜日から市議会経済水道委員会では、付議議案に対する審査が行われています。
 昨日、行われた同委員会では観光文化交流局関係の質疑(平成29年度名古屋市名古屋城天守閣特別会計補正予算について)でした。

 事項は、名古屋城天守閣積立基金の積立。予定額は1億2300万円。
 目的は「名古屋城天守閣を復元する資金に充てるため、平成29年6月市会において寄附金歳入及び基金会計への繰出金の補正予算を計上したところであるが、見込み以上に寄附金が集まったため、天守閣特別会計から基金特別会計への繰出金を新たに計上するもの」とあります。

 質疑で私からは、

・現時点での名古屋城の「整備計画」(特別史跡名古屋城跡全体整備計画)では、天守閣を「耐震化」となっているにもかかわらず、「木造復元」のために基金を求めることは矛盾しているのではないのか?

・名古屋城天守閣積立基金条例ができていることは承知しているが、行政上、このような矛盾が認められる根拠を示してほしい。これまで名古屋市において、市の計画と異なる施策を行なったことはあるのか?
 

 と、質問をしました。当局からは、

 現時点では「耐震化」だが、今年度末に完成させる。来月に市としてまとめる予定の「特別史跡名古屋城跡保存活用計画(案)」では、天守閣「木造復元」のため、矛盾しているとは考えていない

 という主旨の答弁がありました。

 しかし、「保存活用計画」は、現時点ではまだ、(案)です。
 この件で、私からは再度、再再度と質問しましたが、同様の答弁でした。

 「念のために聞いておくが…」と、天守閣積立基金の寄付の状況についても続いて質問。
 金額合計は1億9793万余(今年1月末時点。積立基金設置前の名古屋城天守閣木造復元のための寄付も含む)。
 内訳は個人が1億6774万円余(金額全体の85%)、法人・団体が2836万円余(同14%)、募金箱が182万円余となっています(なお個人で1000万円以上の寄付が、5人います)。
 募金件数ですが、個人は941件、法人・団体が61件であると、当局から答弁がありました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

あいち赤旗まつり
 11月11日に鶴舞公園にて「第36回あいち赤旗まつり」が開催されました。
 快晴に恵まれ、8,000人もの方にご来場いただきました。
 中村区からお越しの皆さん、ありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR