本日の経済水道委員会。名古屋城天守台石垣調査に関して質疑

2017年12月04日18:10

 昨日、驚くようなニュースが飛び込んできました。
 以下、昨日のNHK東海 NEWS WEBのネットニュース記事を引用紹介します。

 名古屋城天守閣の木造での復元に向けて、名古屋市はことし10月から石垣の状態を調べるための発掘調査などを始めましたが、安全性や石垣の保全をめぐる専門家の会議が紛糾した影響で、11月半ばに調査が中断し、再開のメドが立っていないことがわかりました。
 名古屋市は名古屋城天守閣の木造化に向けて、ことし10月から、天守閣周辺の石垣の状態を調べるための発掘やボーリングの調査を始めました。
 ところが、調査開始後の10月中旬に開かれた専門家の合同会議で、建築の専門家が石垣の保全の専門家らに対し、「安全性を考えていない」などと批判的な発言をしたことから会議が紛糾し、その後、会議は開かれない状況が続いています。
 名古屋市によりますと、この影響で石垣の調査について専門家からの指導を受けられなくなり、11月中旬に調査を中断し、再開のメドも立っていないということです。
 名古屋城総合事務所の西野輝一所長はNHKの取材に対し、「中断が長引けば5年後の完成を目指す全体の工期に影響が出ることも考えられるため、早急に指導してもらえるように調整を進めたい」と話しています。



 本日の午後に開催された経済水道委員会(党市議団は江上市議、藤井が同委員会の委員)。
 付議議案の質疑では、名古屋城天守台石垣調査について、各会派の委員から多くの質問がありました

 藤井からは冒頭、
「石垣調査が中断しているという報道があったが、その問題があるのに(中断している石垣調査の)補正予算を提案するのか。まずは問題を解決してから提案すべきだと思うが、当局の見解を聞きたい」

 と切り出し、以下の点について質問。
 天守台石垣調査工程や、調査を行う体制(11月から天守閣に3人、他に管理に3人。管理部門でも1人が天守閣調査に関わる)、調査報告(概要報告をを今年度中に。完成版を来年度の早期、前半の早い時期に報告)等について。
 また有識者会議で、どのような経過を経て会議が紛糾し、石垣調査中断に至ったになったのか等、質問を行いました。

 調査の概要では来年度末までの債務負担行為となっています。当初の工程では来年度7月末でしたが、そのすり合わせはどうなっているのか?この質問に対し、当局からは、来年度7月終了予定であったが、調査の中で文献調査等の資料調査が必要であり、その確認等の関連調査もあるので年度末までみているとのことでした。

 当局は、今月中に石垣部会の専門家を個別にあって、調整をすすめていくとしています。
 私もこの間、有識者会議(石垣部会等)を傍聴していましたので、どのような問題が起きているかは把握していました。しかし、石垣調査が中断していることは昨日の報道で初めて知りました。

 江上市議からは「議員ですら、調査を中断していたことを知らなかった。なぜ、報告がなかったのか」の質問に対し、当局からは、専門家から指導を受ける石垣調査は中断したが、それ以外の調査は進んでいるので報告しなかったという主旨の回答がありました。
 明後日の委員会では石垣調査を始めとする総括質疑が行われます。
 委員会中継(録画もあります)ご覧くださいね。スマホからもご視聴できます。
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/nagoya/WebView/rd/council_1.html

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

3000万署名にご協力を!
 安倍首相による9条改憲を阻止するため、広範で多様な人々を結集しようと「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」が結成され、3000万人を目標にした9条改憲に反対する一大署名運動に取り組んでいます。

 3000万人署名にあなたも!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR