名古屋市ネット・モニターアンケート「繁華街での客引き行為に関する意識調査」結果

2017年02月09日18:15

 昨日に続いて、繁華街における居酒屋・カラオケ店等による客引き行為等について報告します。

 昨年度の11月議会本会議で、「繁華街における『キャッチ』の実態を踏まえた安心・安全の確保について ~誰もが安心して食べて飲んで楽しめる、まちのにぎわいを守るために~」と題して、議案外質問を行いました。客引き行為等の実態や、「客引きを規制してほしい」という地元の皆さんの声を取り上げました。

 今年度の9月議会本会議では、それでは繁華街を訪れる皆さんは、客引き行為をどのように思われているのか。この視点から、名駅や金山周辺で客引き行為等に悩んでいる飲食店の皆さんが、お店の利用者に対して行った、「路上での『客引き』に関するアンケート」をもとに、「繁華街における客引き行為等の防止について ~誰もが安心して食べて飲んで楽しめる、まちのにぎわいを守るためにPART2~」と題して、議案外質問を行いました(こちらをご覧ください➡http://fujiihiroki.blog.fc2.com/blog-entry-1651.html


 ところで、名古屋市は「施策についての課題・要望を迅速に把握し、これらを施策に生かすため、18歳以上、500人の市民をモニター(任期2年)として公募し、インターネットを活用したアンケート調査を実施(名古屋市ホームページより)」しています
 
 今年度の第9回目のネット・モニターアンケート(テーマ「繁華街での客引き行為に関する意識調査」)が、先月13日から23日にかけて行われました。

 同アンケートの有効回収率は、82.0%。
 回収率が非常に高く、関心の高さを改めて実感しました。
 
 このアンケートでは、

「市内の繁華街において客引き行為があることについてどのように思いますか。(選択はいくつでも)」
 の問いに対して、

安心して街を歩きにくい  64.9%
通行の邪魔である   58.0%
名古屋のイメージが悪くなる 53.9%
いきなり声をかけられるため、不快な気分になる  48.0%


 と続きます。

 また、現在の法令で禁止されていない居酒屋・カラオケ店等の客引きについても、何らかの規制が必要だと思いますかの問いに対しては、

とても思う 44.4%
少し思う 37.8%


 と合わせて8割を超えています。

 このアンケート結果は、名古屋市ホームページからも、ご覧いただけます(こちらより➡http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000090048.html同ページ内にある、第9回ネット・モニターアンケート(調査結果)PDFをご覧ください)。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

日本共産党27回党大会
 1月15日から4日間、日本共産党第27回党大会が開催されました。
 この党大会には、大会史上初めて野党4党から幹部が出席し、連帯とお祝いの挨拶をしました。
 Youtubeにて、 野党4党の挨拶
がご覧いただけます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR