17000通の返信 名古屋市政アンケート

2016年12月27日19:28


 日本共産党名古屋市会議員団が、9月下旬から取り組んできた、

名古屋市政アンケート

 なんと17000通を超す返信をいただきました。
 前回の市政アンケート(2014年春)の返信が4900通余りでしたので、今回は3倍以上の返信となります。

 今日の「しんぶん赤旗」の東海・北陸信越のページに市政アンケートの記事が掲載されました。
 記事の全文を紹介しますね!


 党名古屋市議団アンケート

 暮らし不安 思い切々
 共産党への期待もびっしり
 前回の3倍超 1万7000通

 日本共産党名古屋市議団が2年ごとに取り組む市政アンケート。今年は回答数が1万7千通を超え、前回(4900通余)の3倍以上になりました。安倍政権の悪政から市民の暮らしを守る、日本共産党への期待が反映しています。

 市政アンケートは9月下旬から市内全域に返信用封筒とセットで無作為に配布したものです。党市議団は、昨年の市議選で5議席から12議席へ躍進。共産党が初議席を得た中区では前回の7倍の回答がありました。

生活悪くなった 4割を超す回答
 安倍政権、河村たかし市長のもとで「くらし向き」が「悪くなった」「やや悪くなった」と答えた人が合わせて42・5%。「良くなった」「多少よくなった」は合わせて10・8%に過ぎません。
 自由記載欄には「唯一の収入の年金がどんどん減っている。将来に希望が持てない」(70代、男性)。「娘が生まれたが夫婦2人の給料では毎月の支払いで一杯。預貯金ができない。さらに保険料や税金が年々増えると思うと絶望的になる」(30代、女性)、「非正規社員で給料は上がらない。物価、税金や社会保険料があがり生活は苦しくなるばかり」(30代、男性)、「毎月3万円以上の奨学金の返済をしている。結婚も出来ない」(30代、男性)など、切々な思いが書き込まれています。
 河村市長が進める名古屋城天守閣の木造化について、「まず耐震補強やコンクリート劣化に対する補強をおこなう」が52・2%、「リニア開業の2027年を目標に木造化」は20・6%でした。木造化に賛成する人でも「急ぐ必要はない」、「時間をかけて論議して進める」の意見も少なくありませんでした。

ムダな公共事業「削減を」第1位
 市政に望むのは、「ムダな公共事業の削減」が第1位、続いて「介護保険料・利用料軽減」、「敬老パスの維持・拡大」、「高齢者福祉の充実」、「国民健康保険料の値下げ」の順になっています。
 自民、民進、公明党が強行した議員報酬引き上げでは、「年800万円に戻す」が63・6%で圧倒的に多く、「年1450万円を認める」はわずか8・7%でした。
 共産党への期待・要望もびっしり書かれていました。
 「年金カット、介護制度改革など安倍政権の悪政を止められるのは共産党だけ」(70代、女性)、「野党共闘の要は共産党。総選挙で、ぶれずに頑張る共産党に伸びてほしい」(50代、男性)、「共産党は議員報酬の値上がり分を受け取っていないと聞いた。りっぱ。貴党は弱い立場の市民の味方」(60代、男性)、「私は無党派だが、共産党の議員が地道に市民のために運動しているのに感心した」(40代、女性)などの意見が寄せられています。
 田口一登団長は「アンケートでは、大企業優遇の『アベノミクス』や安保法制、憲法改悪など安倍政権の暴走政治への憤りの声も少なくありません。河村市政は、国の悪政から市民を守る防波堤の役割を果たしていません。来春の市長選で、福祉・暮らし最優先の市政、憲法を暮らしに生かす市政への転換をめざします」と語ります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR