困窮者支援も含めた年末年始援護対策の充実に関する申し入れ

2016年12月26日17:23

本日の午後、党市議団は名古屋市に対して、

 困窮者支援も含めた年末年始援護対策の充実に関する申し入れ

 を行いました。
 党市議団からは山口市議、岡田市議、青木市議、高橋市議、柴田市議、藤井が出席し、杉山健康福祉局長が申し入れ文書を受け取りました。
 名古屋市は、長年に渡って年末年始援護対策に取り組んでいます。

 昨年の申し入れ時では、若年層ホームレスについて当局から、
「若者が多く集まる、中村区と中区にある24時間オープンのインターネットカフェ店にお願いし、賛同いただいた18店舗において、年末年始援護対策についてお知らせを行っている」 

 と話があり、その際、藤井からは、
「最近では、ネットカフェ店だけでなく、24時間オープンのファミレスで、ドリンクだけの注文で粘って、夜の寒さを耐えようとしている方も増えている。ぜひファミレス店にも、援護対策の周知にご協力いただけるよう、ともに取り組んでいきたい」

 と発言をしました。
 今年度は、20店舗のインターネットカフェ店に加え、新たに4店舗の名古屋駅近くのファミレス店でも、援護対策の周知に協力いただけるようになっています。

 本年度の対策は次のとおりです。
⑴事前相談の実施
・実施場所 区役所民生子ども課・支所区民福祉課
・実施期間 本年12月20日、21日、22日、27日、28日
・実施時間 午前9時~午後3時まで
・援護内容 ①ホームレス自立支援施策又は生活保護の相談・援護
        ②無料宿泊所の事前予約

⑵臨時相談所の開設
・開設場所 中村区役所
・開設期間 本年12月29日
・開設期間 午前8時30分~午後2時まで
・援護内容 ①無料宿泊所への入所
        ②生活保護施設、養護老人ホーム等への入所
        ③医療機関における受診及び入院
        ④帰郷のための旅費支給

⑶無料宿泊所の開設
・開設場所 旧船見寮(港区船見町46番地)
・開設期間 本年12月29日~来年1月4日朝
・予定人員 150人
・対象者  年末年始に資力がなく泊まる所がない方
※12月29日に結核検診(入所者全員)及び生活習慣病検診(希望者)を実施


 以下、本日の申し入れ文書を掲載します。

 2016年12月26日
 名古屋市長
 河村たかし様

 日本共産党名古屋市会議員団
 団長 田口一登

 困窮者支援も含めた年末年始援護対策の充実に関する申し入れ

 市民の健康と暮らしを守る毎日の取り組みに対し敬意を表します。
 今市内では、リーマンショック直後のような、年の瀬の宿泊にも困窮する人があふれかえるといった状況は解消されてきましたが、昨年時点でも90件近い方が相談に訪れ、無料宿泊所を利用されており、本市の年末年始援護対策は今後も欠かせない施策となっています。 
 経済的格差と貧困は、子ども、若者、高齢者と年代問わず広がっており、マスコミ報道でも多く取り上げられています。
 子どもの貧困に対しては、自治体による実態調査が始まり、沖縄県に次いで愛知県でも子どもの貧困実態調査に取り組むことになりました。また、一昨年民間団体によって実施された、ホームレス実態調査では、ホームレスの方の中の6割に精神障害や知的障害の方が存在していることも明らかとなりました。こうした社会的弱者の方が支援を受けながら地域の中で自立していくためには、縦割りの行政ではなく、関係部署が連携する仕組みをもち、市民がワンストップで相談ができ、その人の背景に応じた適切なサポートができる仕組みが求められています。
 毎年この時期に取り組まれている「年末年始援護対策」や困窮者支援について以下の諸点を申し入れます。

1. 援護が必要な方すべてが安心して年末年始を過ごせるように、支援団体とも連携し、無料宿泊所と事前・臨時相談窓口に関する広報がいきわたるよう努めること。
2. 年末年始援護対策の対象となる方には、少なからず精神障害や知的障害などの方が含まれると考えられるので、精神保健福祉士や保健師など専門職員の配置に努め、障害特性に応じた対応、支援に努めること。
3. 結核検診はじめ健康診断などとともに、歯科についても歯科衛生士による口腔内観察などできる限りの健康チェックに努めること。
4. 子どもの貧困対策では子ども青少年局との連携による支援も進められているが、相対的貧困率の高いひとり親家庭などについても、年末年始の暮らしの実態について子ども青少年局とともに把握し、支援の対象としていくなど、この時期を、困窮者支援を進める集中期間として設定すること。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR