名古屋市交通局名港工場を視察

2016年12月22日17:55


 昨日、名古屋市交通局名港工場を視察しました。昨年、今年と市議会常任委員会の土木交通委員会委員を務めていますので、日進工場を視察したことがありますが、名港工場は初めてとなります。
 写真は修車工場内です。

 修車工場では「全般検査」(8年を超えない期間毎に、車両の主要部分を取り外して、徹底的にオーバーホールを行う最高の検査)、「重要部検査」(4年又は走行距離が60万kmを超えない期間のいずれか短い期間毎に、車両の主要部分を分解して行う検査)を行います。
 


 名城線と名港線(34駅)では、2020年度にホームドアが設置予定です。

 これに伴い、本年度から名城線と名港線の車両改造が行われています。
 昨日も車両改造(これが改造4編成目となります)が行われていました。


 こちらが、車両改造で新たに運転席に導入されるシステムです。

 修車工場では、台車回転試験機や列車集塵装置、天井走行クレーンなどの説明や、台車の仕組みについて教えていただきました。

 修車工場視察後、隣接する検車工場へ。


 検車工場では、主として「月検査」(3月を超えない期間毎に、車両の主要部分の状態及び機能について行う検査)、「列車検査」(6日を超えない期間毎に、車両の主要部分について行う検査)を行います。電車を分解せず行う、点検・整備です。

 こちらは車両移動機。工場施設内で、電車の電源を入れないで、移動させる時に、電車と連結し使用します。なんと、エンジンは日産のマーチ。

 ちなみに視察時、行きは名古屋港駅から回送列車に乗り、引込線を経由して工場へ。引込線の話は聞いていましたが、乗車したのは初めてでした。なお帰りは、歩いて最寄の築地口駅から地下鉄で市役所に戻りました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

「文化と講演のつどい」
 党中村区後援会は総会を開催します。入場無料ですので、多数ご来場ください。
日時:9月30日(土)13:30~
会場:中村文化小劇場
1部 懐かしの歌の数々
   by アンサンブルDream
2部 もとむら伸子国会報告
3部 後援会総会

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR