名古屋競輪場バンク内広場 昨年度の地元への開放状況

2016年11月10日16:00

 昨年度に続いて、藤井は今年度も名古屋競輪組合議会議員を務めています。
 本日の午後から、競輪事業活性化特別委員会が開かれ、昨年度の決算見込みなどについて、議題にあがりました。


 委員会で藤井からは、昨年度取り組まれた、

バンク内広場への人工芝の敷設・地元への開放

 について質問しました。
 写真左側が完成前、右側が完成後です。

 名古屋競輪場では従来、コンクリート打ちっぱなしとなっていたバンク内広場に人工芝を敷設する工事が行われ、昨年の10月に完成。計画では、完成後、地元の皆さんに開放することで、施設の有効利用を図るとされていました。
 では、昨年度の利用状況はどうだったのでしょうか?

 昨年度のバンク内広場(人工芝)の利用は、「12月に小中学生のサッカーチームが1日限りのサッカー教室として利用、また年度末に地域のグランドゴルフの皆さんが利用された」との答弁がありました。

 本場開催時(名古屋競輪場でレース開催時)は、さすがに地域への開放は難しいですが、本場開催時以外の時(場外車券)もありますから、もっと広場を開放できるのでは?約半年で利用回数が2回は少ないのでは?何か理由があるのでしょうか?

 「地元の競輪選手が練習のため走路を走るので、その時は開放できず、開放日が限られます。また、昨年度の利用回数2回以外にも1件(サッカー)、広場利用の要望があったが日程が合いませんでした」との答弁がありました。

 それでも工事前は「あのコンクリートの広場、あれ何とかできないの?」「もったいない」と、区民の競輪ファンの皆さんからも、お声をいただいていましたので、まずは一歩前進です。

 「せっかく芝生になったのに、いつ広場を使ってるんだろう?」とのご意見もいただいていたので、早速報告しました。


 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR