原爆投下から71年。平和の鐘つきに参加

2016年08月06日17:23


 8月6日。

 広島に原爆が投下された日から、71年の時を迎えました。

 毎年、区内のお寺で開かれている

 平和の鐘つき

 に参加。
 8時15分に黙祷を捧げました。

 藤井がついた、この鐘。前ご住職さんのお話ですと、戦後3年目にあたる1948年の物。
 一代前の鐘は戦時中、軍に「供出」したとのことです。

 
 実は、藤井の誕生日が今日。

 小学生3年生の時、今は亡き祖父に戦争体験を聞いたことがあります。
 その時、祖父から

「博樹が産まれた日の32年前、広島で多くの方々が一瞬で亡くなってしまったんだよ。そのことは、絶対に忘れちゃいけないよ」

 と、教えてもらいました。 毎年、この鐘をつく度に、祖父の声を思い出します。
 広島、長崎、そしてビキニの水爆(第五福竜丸)。

 核兵器と人類は共存できない。核兵器のない世界をめざして、がんばります。


 

 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016年08月13日 20:10 |
  • :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR