市民の暮らしに役立つ予算編成を!要望書提出

2011年02月08日20:40

 写真は、先日報告しました「藤井ひろきカー」です。これから区内を駆け回りますので、見かけたら手をふってくださいね。
 
 火曜恒例の中村日赤駅前での早朝宣伝、女性からのど飴の差し入れ、ありがとうございます。いつも手を大きく振っていただき、元気でます(//∀//)。感謝。
…いつもと言えば、「行ってきます!」と笑顔で、ペコッと頭下げて、毎朝挨拶してくれる女の子、今朝は時間になっても現れません。宣伝中、「あれ?風邪かなぁ。寝込んじゃったのかな」と心配してましたが、市内の中学生さん、今日は職業体験の日だとか。通学時間が、いつもと違うようで一安心です。

 今日の午前中は後援会の会議、昼過ぎからミニビラ作ったり、電話かけしたり(藤井を応援したいと『赤旗』も増えました。感謝)して15時過ぎから市役所です。
 市長宛に「2011年度予算編成にあたっての要望書」を提出してきました(受取りは市長室秘書課長の鈴木さま)。いま新市長に求められているのは、市民の願いを受けとめ、市民の暮らしに役立つ新年度予算を編成すること。提出した要望書には、
 (1) 特別養護老人ホームの増設
 (2) 育所待機児童解消のための認可保育所の増設
 (3) 住宅リフォーム助成制度
 (4) 中学校卒業までの通院医療費無料化
 (5) 国民健康保険料の1万円引き下げ

以上5つの要望が書かれています。ぜひ実現したいですねっ!
 その後、市政記者クラブでの市議候補全員の紹介の記者会見と写真撮り。夜は業者さんの班会議にお邪魔させていただきました。「兄ちゃんのリーフ10枚くれ!職場先で渡したるわぁ」と嬉しい方も。

 明日は大日町内で19時30分から「集い」をしちゃいます。参加すれば全員が元気になると好評な「集い」。ぜひお気軽にご参加くださいねっ(≧▽≦)☆彡

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR