2016年度 6月定例会が開会しました

2016年06月14日14:56

 名古屋市議会6月定例会が、開会しました。名古屋市は、名古屋城木造天守閣復元の基本設計費など計10億円の補正予算を提出しました。
 市長提案理由説明では、時間の多くを割いて市長から、名古屋城木造復元について説明が行われました。
 市長からは、
「市民アンケートの結果に関し、木造復元に係る設問について申し上げれば、約60%を超える市民の皆さんが木造復元を望まれる結果となり、一方で約29億円をかけて実施するコンクリート造である現天守閣の耐震改修を希望される方は、約26%と木造復元を希望される方の半分にも満たない状況」
 と、発言が…。
 正確には、アンケートの結果は、市長が提案する天守閣木造復元を2020年7月までの完成は21.5%であり、現天守閣の耐震改修工事の26.3%より低い結果です。

 同アンケートの2020年7月にとらわれず木造復元を行う40.6%と合わせて、木造が6割だ!、また現天守閣は耐震性能が低いから、すぐに木造に建て替えよう!は、かなり無理があります。市長の提案説明中には、他会派の議員から「都合のよいデータだけ言うな」「それ、違うだろ?」の声も。
 今回の市長提案でも、名古屋城の本物復元(木造復元)などで、「『稼げる街』を目指し、福祉にもお金が回る、そのような理想とする街を実現する」と、市長の持論が展開されました。

 現天守閣の耐震性能が低いなら、今すぐ現天守閣の耐震改修工事をすべきです。そのうえで、木造復元に関しては急がずに、庭園を含めた名古屋城全体の整備を進めていくべきはないでしょうか。
 
 前々回の「日記」で報告した、市政懇談会。当日の会場では、名古屋城木造復元に関する質疑が相次ぎました。
 今月11日付けの「しんぶん赤旗」東海・北陸信越のページに
党市政懇談会 
市民から異論 
名古屋城の木造復元問題
「今やるべきか疑問」


 の見出し記事が掲載されましたので、引用紹介します。

 日本共産党名古屋市議団が9日、6月定例市議会(14日開会)を前に中区で市政懇談会で、名古屋城天守閣の木造復元化について、市民から疑問や批判の声が相次ぎました。

 河村たかし市長は、東京五輪にあわせた「2020年7月までの完成」めざし、6月定例会に基本設計費など約10億円を盛り込んだ特別会計補正予算案を提出します。
 名古屋城天守閣は、1059年に鉄筋コンクリートで再建され、石垣の変形やコンクリートの劣化、耐震性の確保が課題になっています。市は耐震改修の方針でしたが、河村市長は「木造復元」を公約にしたことから、市民のなかに「市民生活が厳しいなか、今やるべきか疑問」、「東京五輪までの完成を急ぐべきでない」などの意見がでています。
 市は昨年12月から市内全16区でタウンミーティングを行いましたが参加者は少なく低調でした。今年5月には2万人の市民アンケートを実施。回答は7224人(回答率36.12%)と市民の関心が高いとは言えませんでした。

 懇談会で江上博之議員は、市民アンケート結果を紹介し「木造復元に賛成が62.1%でしたが、東京五輪までの完成に賛成したのは、わずか21.5%でした。市長の提案は市民に拒否された」と指摘。「急いで天守閣木造化するのでなく、まず現天守閣の耐震化、コンクリートの劣化補強をおこない、庭園を含め名古屋城全体の整備を進めるべきだ」と強調しました。

 参加した市民から「河村市長の計画では現天守閣は年内で閉鎖。来年に解体する。市民の合意のない計画は止めるべきだ」、「多くの専門家が東京五論まで4年。天守閣の解体、石垣の改修、天守閣の復元工事など最短でも10年以上かかると言っている」、「現在でも事業費は500億円を超える。東京五輪や熊本地震の復興など資材や人件費が高騰し、どんどん工事費が膨らむ」、「市民の暮らしが厳しいなか、市民生活優先の市政にすべきで、木造化は急ぐべきではない」などの意見が出されました。
 江上議員は「出された意見を議会にしっかり届ける。市民と力を合わせ河村市長の無謀な計画を止める」と述べました。
(6月11日 しんぶん赤旗)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR