陸前高田市を視察③

2016年06月05日20:42


 陸前高田市視察報告の3回目。
 まずは、多くの方がご存じの

 奇跡の一本松

 震災前、陸中海岸国立公園(現、三陸復興国立公園)の「名勝 高田松原」には約7万本もの松林がありました。震災の大津波により高田松原は失われましたが、唯一残った松が「奇跡の一本松」。残念ながら、その後に枯死が確認されましたが、復興のシンボルとして、モニュメントとして保存されています。


 奇跡の一本松近くにあるのが

 「希望のかけ橋」

 この橋は、今泉地区に高台の住宅地をつくる工事で採掘した土を運搬するためのベルトコンベア専用吊り橋です(昨年9月で土砂搬送は終了、現在解体中)。
 なお「希望のかけ橋」は、陸前高田市内の小学生から募集して選ばれた名称です。



 
 その今泉地区近くの高台から、気仙川方面を。
 川の向こう、写真中央に奇跡の一本松が見えます。
 川にかかっているのが、「希望のかけ橋」です。



 今泉地区の高台には新しい住宅街や、教育施設が造られます。
 
 写真の高台の造成地では、大型ダンプカーが行き来していました。
 
 この高台には、小学校と保育所が建設予定です。



 奇跡の一本松、最寄の駐車場にあった看板です。
 
 復興は、まだ道半ばです。名古屋市も、陸前高田市への行政「丸ごと支援」を継続しています。

 先日の「日記」でも報告しましたが、昨年度に続いて今年度も藤井は、市議会の防災・エネルギー対策特別委員会の委員になりました。今回の視察で学んだことを名古屋市の防災につなげてまいります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

日本共産党27回党大会
 1月15日から4日間、日本共産党第27回党大会が開催されました。
 この党大会には、大会史上初めて野党4党から幹部が出席し、連帯とお祝いの挨拶をしました。
 Youtubeにて、 野党4党の挨拶
がご覧いただけます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR