熊本地震被災者救援・支援のための募金のお願い

2016年04月16日11:21


 今週14日の夜に発生した、「2016年熊本地震」。今なお、大きな余震が続き、現地では救助活動が続いています。

 2011年の東日本大震災の時は、市議選の真っ最中でしたが、震災発生翌日から街頭での被災地救援募金活動に取り組みました。多くの皆さまから、「被災地へ届けてほしい」「被災者の助けになれば…」と、募金をお預かりしました。
 また藤井も、宮城県へボランティア活動へ行き、同年11月から12月は、宮城県仙南党ボランティアセンターの管理人として、各地から集まるボランティアの皆さんと、活動に取り組みました。
 

 藤井の早朝宣伝をはじめとする街頭での訴え時でも、救援・支援募金箱を持ち、熊本地震被災地救援・支援を訴えています。
 今日の「しんぶん赤旗」に、熊本地震被災者救援・支援募金の記事が掲載されましたので、全文紹介します。


 熊本地震被災者救援・支援のための募金のお願い
 日本共産党中央委員会熊本地震災害対策本部

 14日夜、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した「2016年熊本地震」で、少なくない死傷者をはじめ、家屋倒壊、道路寸断などの被害が出ています。日本共産党は、地震発生当夜に、ただちに小池晃書記局長を本部長とする熊本地震災害対策本部を立ち上げ、被害の実態把握と行政組織の対応促進、被災者 救援・支援のための活動を開始しています。
 熊本県委員会は、地震災害対策本部(本部長・山本伸裕県議)を設置しました。現地の党組織は、地方議員、党機関とともに、安否確認、避難所の確保、物資援助など、避難者・被災者救援の活動にたちあがっています。
 こうした被災者救援・支援活動を被災者一人ひとりにゆきとどかせるためには資金的保障が欠かせません。そこで、全国のみなさんに「熊本地震 被災者救援・支援募金」を心から訴えます。
 この募金は、日本共産党がお預かりし、被災地の自治体や関係機関への義援金として、またさまざまな被災者救援活動を通じて、確実に被災者の救援にあてていきます。

【募金先】
募金は、もよりの党都道府県・地区委員会、党議員にお届けいただくか、下記に送金ねがいます。

▼熊本県委員会に郵便振替で送金される場合
【口座番号】
01940―8―55836
【加入者名】
日本共産党熊本県委員会
通信欄に「地震募金」と記してください。

▼中央委員会に郵便振替で送金される場合
【口座番号】
00170―9―140321
【加入者名】日本共産党災害募金係
通信欄に「熊本地震募金」と記してください。

▼銀行口座から中央委員会に送金される場合
ゆうちょ銀行
店番〇一九(ゼロイチキュウ)
【口座・受取人名】
当座0140321
ニホンキョウサントウサイガイボキンガカリ
送金と同時に、bokin@jcp.or.jpに、「熊本地震募金」、氏名、住所、職業、金額を明記したメールを送信してください。
※郵便振替・銀行送金とも、手数料はご負担をお願いします。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

「文化と講演のつどい」
 党中村区後援会は総会を開催します。入場無料ですので、多数ご来場ください。
日時:9月30日(土)13:30~
会場:中村文化小劇場
1部 懐かしの歌の数々
   by アンサンブルDream
2部 もとむら伸子国会報告
3部 後援会総会

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR