「大阪市内の公共の場所における客引き行為等の適正化に関する条例」視察①

2016年02月12日13:57

 8日、9日と大阪へ視察に行きました。
目的は「大阪市内の公共の場所における客引き行為等の適正化に関する条例」の調査研究です。
螟ァ髦ェ譚。萓句捉遏・_convert_20160212133008
 大阪市市民局区政支援室地域安全担当課長と課長代理から、大阪市の客引きの実態と、条例についてレクを受けました。

 大阪市の代表的な繁華街であるキタとミナミ。
 条例が施行される前は、居酒屋等のこれまでの法令で取り締まることができない業種の客引きが増加。客引き行為が繁華街の通行の妨げになるだけでなく、来街者に不快感を与え、地元のお店とのトラブルや苦情も増加。営業の自由と言えど、客引き行為等が異常現象に発展するなどの問題を抱えていました。

 大阪市市民局の調査では、条例施行前の平成26年5月下旬時、ミナミに約300人、キタに約100人の客引きを確認。なお条例施行後の同年11月下旬にはミナミは約100人、キタは約60人と客引きが激減しました。

 市民や繁華街を訪れるみなさんの声を受け、大阪市は平成26年6月1日に大阪市内の公共の場所における禁止行為が施行。 ここでは、

①拒絶の意思を示している人に対する客引き行為・勧誘行為

②客引き行為・勧誘行為をするために他人の道路に立ちふさがり、通行人に追随し、路上においてたむろし、その他人の通行を妨げる行為

③上記①②をさせる行為

 
 さらに同年10月1日には全部施行され、客引き行為等禁止区域における禁止行為(罰則あり)が設けられました。

 キタとミナミは禁止区域に指定されています。ここではあらゆる客引き行為が禁止され、違反者には市職員が「指導」、「勧告」、「命令」を行い、命令に違反した場合は「5万円以下の過料」に処されます。また違反者の氏名等(店舗名、事業者名等)の公表や違反店舗が所在するビルオーナー等に公表事項を通知する場合もあります。

 当然ですが、以下の行為は「客引き行為等」には当たりません。紹介しますと、
・ビラ、チラシ、ティッシュ配布
・看板、プレートを持って立つ行為
・不特定の人への呼びかけ(自分の店舗前で「いらっしゃい、いらっしゃい」など)。



 藤井は大阪出身ですので、ミナミやキタの街をよく知っています。友人と訪れた際、客引きの多さや、キャッチ(客引き行為者)のつきまといには困った来街者の一人でした。改めて条例施行後の街を歩きますと、来街者の皆さんが思い思いに、関心のある店を観たり、飲食店に入店されていきます。

 名古屋市のように、客引きに声をかけられたり、通行の妨げもありません。 

 お店の方に「以前と比べて、客引きが減りましたね」と声をかけますと、

「条例のおかげだよ」
「客引きに対して『条例違反やで、あかんで!』と注意できるようになったのも大きぃわぁ」


 と、声が返ってきました。

 視察では了解をいただき、大阪市客引き行為等適正化指導員のパトロールに同行することができました。条例施行時、指導員は5名体制でしたが現在は20名までに増員
 パトロールのお邪魔になってはいけないので、少し離れた場所から見学です。

 豊島区の繁華街警備隊は警備会社の方でしたが、大阪市の指導員は嘱託の市職員さんです。
 写真は道頓堀の戎橋。グリコの看板でも有名ですね。

 まずは夕方過ぎに指導員のみなさんが戎橋において、定点で客引き行為等がないかをチェック。
 しばらくすると、指導員さんが私に寄ってきて、

「あのマフラー巻いたお兄さんと、その隣のグレーの帽子の男。あの二人組、客引きですよ」

 と、教えてくれました。客引きの若者たちも、指導員が目を光らせていますから、客引きができません。
 その後、指導員さんたちは班に分かれ、巡回パトロールを開始!春節で中国からの観光客で繁華街はとてもにぎわっています。


 しばらく行くと、指導員さんたちが一人の青年に声をかけていました。

「俺はナンパをしただけだ」 

 と話す青年。しかし、指導員さんが青年に声をかけられた女性に確認しますと、その女性は

「いい店で働きませんか?」

 と声をかけられたとのこと。「勧誘」も客引き行為です。
 青年(客引きのアルバイト学生)も、客引き行為を認めました。青年の身分証などで本人確認。この青年は、条例違反者として「指導」されました

 青年と別れた後、

「誰もが安心して楽しめる、そんな繁華街を守りたいね」
 
 と、笑顔の指導員の皆さん。
 大阪市市民局の皆さん、指導員の皆さん、大変ありがとうございました。

 なお指導状況は今月4日までの時点で、
●指導 421件(口頭指導は除く)
●勧告  40件
●命令  13件
●過料処分 5件


 次回の「日記」では、キタやミナミでの条例への取り組み状況について報告します。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR