客引き行為等の防止に関する条例について視察①

2015年12月19日19:30

 一昨日と昨日(17日、18日)、東京へ視察に行きました。目的は客引き行為防止に関する条例についてです。
 東京23区では、8区(大田、豊島、新宿、豊島、渋谷、千代田、品川、港、墨田)において、客引き行為・スカウト行為を禁止する条例が設けられています。
 今回の視察では、新宿区、豊島区、渋谷区を訪れ、各区役所と現場のみなさん、そして党区議団にも話を伺ってきました。
 今日の「日記」では、まず豊島区について報告します。
 
 豊島区では、平成12年に施行された「豊島区生活安全条例」を平成24年に改正しました。
 この時の改正で、居酒屋やカラオケ店も含む客引き行為が禁止され、客引き行為を禁止する重点地区も指定。この重点地区で違反行為をした場合、指導されますが、罰則規定はありませんでした。


 客引き行為をさらに規制するため、豊島区ではこの4月から「豊島区客引き行為等の防止に関する条例」を施行。違反行為をした場合は、違反者の名前や店舗名などの公表や過料(5万円以下)を科すようになりました(公表・過料はこの10月から施行)


 豊島区役所では、総務部治安対策担当課長から説明いただきました。課長も、名古屋のキャッチの実態には、大変驚いておられました。
 
 以前は、数百名のキャッチがいた豊島区。これまで区民と区と警察が連携したパトロールを行ってきました。これまでのパトロールに加え、今年の4月から民間警備会社に委託した豊島区繁華街警備隊が、新たにパトロールしています。


 課長の了承を得て、繁華街警備隊を視察しました。

 警備隊は、4月のパトロール開始時は隊員4名でしたが、現在12名に増員しています。
 パトロールだけでなく、このように繁華街の入り口付近に定点で立ち、違法な客引き行為者(キャッチ)に対しては、直ちに指導を行います。

 驚くことに、「豊島区客引き行為等の防止に関する条例」が施行される4月前は、この隊員が立つ場所(繁華街入り口)から、わずか50mほど先までの間に、多数のキャッチがいたとのこと。周辺店舗への影響だけでなく、街の健全なにぎわいも失われていたと聞きました。


 条例が施行されたことで、繁華街を訪れるお客さん、また仕事帰りの皆さんが、思い思いの店舗に吸い込まれるように入っ
ていきます。キャッチが客待ちしたり、客引き行為をする風景はありませんでした。
 
 条例施行前、ある大手チェーンの居酒屋さんは、キャッチの客引き行為で売り上げが激減。苦肉の策として自社社員を1名、店舗前に張り付け、キャッチに対抗。なんと1ヶ月で、売り上げが戻ってきたとのこと。条例施行前は社員本来の仕事ができなくても、それでも社員1名をキャッチ対策として配置していましたが、条例施行により、その必要がなくなりました


 繁華街警備隊は、月~金曜日の午後3時半から午後10時の勤務です。
 パトロールしながら、ディレクターマイクで「客引き行為は条例違反です」と呼びかけています。ハンドマイクでは、通行人にぶつかる恐れがあるため、ベルト式のマイク着用です。隊員の声だけでなく、テープによる呼びかけも行っていました。

 別の場所では、インカム(無線)を耳に付けた若者が「ダメだ、ここ!」と、走り去っていきました。若者がいた、その先に目をやると、隊員の姿が!走り去ったのはキャッチ
 条例が施行された今も、隠れてキャッチがいますが、以前のように区民や通勤帰りの方、観光客に対しての客引き行為ができなくなっています。


 
 現場でキャッチに目を光らせている環境浄化指導員さんから、お話を伺うことができました。
 この指導員さんは今週放送された、全国ネットニュース番組内のキャッチ特集でも登場されていた方です。


「客引き行為をなくすのには、地元(お店と住民)と区と警察の三者が一体になることが、必要不可欠です。客引き行為を規制すれば、街の雰囲気も良くなり、客引きを利用していない健全な店の売り上げも守れます。
 また、客引きを利用する店は、キャッチに支払う対価を最終的には、料金の値上げや品質の引き下げで対応するので、損をするのは客引きを利用されたお客さんであり、街の評判も悪くなります。
 客引き行為をなくし、街が健全なにぎわいになれば、誰もが行きたくなる安心な繁華街に必ずなります」


 と、指導員さん。現場の話だけでなく、キャッチの傾向についても、アドバイスいただきました。
 お話を伺っている最中にも、

「あの3人、キャッチです。客引きした瞬間、指導に行きますよ」

 と、指導員さん。私も隊員や指導員の現場に立会い、大変勉強になりました。
 みなさま、ありがとうございます!
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR