「建築物の安全確保に関する意見書」が可決!

2015年12月07日18:10

意見書11月
 今日で、名古屋市議会11月定例会が閉会。
 最終日の本日は、本会議が開かれました。

 11月定例会で日本共産党をはじめ各会派から提案された意見書案について、政審委員長会で内容についての協議・修正などが行われ、議会運営委員会(理事会)での協議を経て、7件について合意が得られ、本日の本会議で議決しました。
 日本共産党名古屋市会議員団が提出した、

「建築物の安全確保に関する意見書」


 は、平成27年議員提出議案第22号として可決されています。

 実は、この意見書の「原案」。藤井が作成しました。元住宅営業担当として、今でも思うのは、「家」とは一生の買い物であり、そして家を購入してからも、メンテナンスや将来のリフォームなど、お客様と会社との長い「お付き合い」、信頼関係が続くことです。
 それだけに、今回の一連の偽装問題は、大変ショックであり、怒りでいっぱいでした。報道にありますように、偽装はマンションだけでなく、医療・福祉施設、学校までに及んでいます。

 いろいろ資料を調べて、原案を作成。私が作った原案は、その後の団会議や政審委員長会などを経て、今回の形に。
 意見書可決時は本会議場内の議席にて、暑い夏の日のボーリング調査や、雪が舞う中での振動調査、そして、「マイホーム」引き渡し時のお客さまの笑顔を思い出しました。

 私にとって、議員として原案作成した「意見書(案)」が、初めて可決された「意見書」でもあります。今後も名古屋市会から、国会・政府に対して、意見書を提出してまいります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR