女性への差別を解決し、男女が共に活躍できる社会を

2015年11月21日17:23

 午前中はウィルあいちフェスタへ!
 地域開発みちの会主催の

「格差の中の女性たち~
井戸端会議からの出発~」


 に参加してきました。党市議団からは藤井と、さいとう愛子市議が出席しました。

 開会の挨拶後、主婦パート老老介護の実態が、報告されました。
 その後のグループワークでは、男女の賃金格差男女共同参画について、ディスカッションが活発に行われました。
 同じグループになった女性からは、

「女性の活躍」と安倍さんが言っているけど、家事はしろ!介護はしろ!男女の賃金格差ありきで働け!では、とんでもない話だわ

 の声も。
 藤井からは、自分が元コンビニ会社員であったこと。自分が担当している店ではスタッフの多くが、主婦パートさんであったこと。社員と同じようにパートさんが、商品発注などの業務、また日報作成などを行っても、賃金格差があったこと。「どうして、こんなことになるんだろう?」と、思っていた時に日本共産党の政策に出会い、政治に関心を持ったことを紹介。
 昨年、日本共産党が発表した政策、

 女性への差別を解決し、男女が共に活躍できる社会を――日本共産党は提案します

 の中から、政策の一部を紹介しました。
 なお、この政策の全文は党ホームページから、ごらんいただけます→http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/10/post-599.html

 午後からは、支部での「つどい」に参加。党外の方も多く参加されました。藤井からは市政&国政報告。
 参加者のみなさん、特に党外のみなさんから次々と質問や意見の手が上がり、共産党そもそも論から戦争法廃止の国民連合政府、名古屋城の木造天守閣、名古屋競輪場(今回寄せられた声を来月の名古屋競輪組合議会で質問します)、また町内の話まで、ここでも大変盛り上がりました。
 初めて参加された党外の方からは、「とても楽しかった。こういう企画をまたやってよ」の声も。
 実は今週、別会場でも20人を越す参加者で、つどいを行いました。昨日、市議団控え室に「藤井さんの話、楽しかったよ。また来てください」と、嬉しい電話をいただきました。

 これからもひざを突き合わせて、みなさんと政治について、語り合ってまいります。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR