学習会、集い、市政懇談会。お気軽にご参加ください

2015年11月06日16:17

 明日、午前&午後と市政報告学習会を予定しています。午後の会場は、喫茶店を借り切っての学習会。資料を70部ほど用意し終えたところです。盛り上がるといいですね。
 党市議団主催の懇談会では、市議団12名と事務局のみなさんで行いますが、明日は藤井が講師。楽しく笑いあり、かつわかりやすく、お伝えできるよう努めてまいります。
 学習会や、ミニつどい、市政報告会は開催の都度、お知らせします。ぜひ、お気軽にご参加ください。

 さて、10月30日の「しんぶん赤旗」東海・北陸信越のページに同27日に開催した、党市議団の懇談会の様子が掲載されていました。ツイッターでは報告しましたが、「日記」ではまだでしたね。今日は、その記事を紹介します。


 日本共産党名古屋市議団は27日、名古屋市内で市政懇談会を開き70人が参加。9月市議会の報告、11月議会にむけて要望や意見を聞きました。

 田口一登団長は名古屋城天守閣の木造復元、戦争法案など9月議会の論戦を紹介、「市民の要求実現にむけて市の姿勢をただし、市民の声を市政に生かすため全力をあげる」と話しました。

 岡田ゆき子議員は名古屋城天守閣の木造復元について「2020年五輪まで完成の短期竣工で、市民合意がない、莫大(ばくだい)な事業予算など問題が多い」と述べ、「今やるべきことは木造復元より福祉の充実」と強調しました。藤井ひろき議員は憲法違反の戦争法案は廃案にすべきだと主張し、河村たかし市長が意見表明を避けたことを報告、山口清明議員は市民負担増の2014年度決算に反対したことを報告しました。

 参加者から「リニア中央新幹線に関連した名古屋駅周辺開発は高層ビルが立ち並ぶ『リトル東京』になるだけ。市周辺部を含め名古屋の魅力が生かせるよう開発を見直すべきだ」、「名古屋城木造復元の事業費見込みは最大で400億円というが財源のメドは立っていない。市が巨額の税金を投入すれば市民の暮らしや福祉予算が削られる。耐震改修で十分」、「今年度、図書館予算が2000万円削減された。新規図書購入に影響が出ている。一部の図書館ではエアコンが故障しても修理ができていない。増額してほしい」などの意見や要望が多く寄せられました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

志位委員長演説会、3,500人
 5月20日(土)、名古屋駅西口で開催された志位和夫委員長の街頭演説会には、3,500人もの方が来てくださいました。
 たいへん日差しが強く、暑い中を中村区からも大ぜいご参加いただきありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR