市営有料自転車駐車場に指定管理者制度 いろいろ問題が…

2015年07月03日15:05

 通勤、通学で多くのみなさんが、ご利用になっているのが、自転車駐車場。
 今週、土木交通委員会では、付議議案や所管事務調査が行われました。
 そのなかで名古屋市緑政土木局は昨日、市営自転車駐車場について今後、指定管理制とし、料金の柔軟化を図ると方針を示しました。

 当局の方針では、「市営として残るものについては、「公の施設」とし、利用料金制を採用した指定管理者制度を導入するとともに、指定管理者となる事業者の提案により料金の柔軟化を図ります」「大多数の利用者の料金は現行料金と同程度としつつ、それぞれの自転車駐車場の特性やサービスに応じた柔軟な料金を設定する」とあります。
 現在の利用料金は、1回24時間以内で100円。

 一方、昨年5月の名古屋市自転車等駐車対策協議会「名古屋市営自転車駐車場に係る料金制度・管理運営手法のあり方について」(提言)には、「今後の料金制度 上限金額を1回24時間200円として制度化することが望ましい」「一般的な利用を超える長時間利用や地価が高い中心部の駐車場、特に利便性が高い駐車場については料金を高く設定」とあります。

●当局の資料では、利用料金の上限額が示されていないが、どのように考えているのか?

●「大多数の利用者の料金は現行制度と同程度」の方針は、条例や規則で、どうやって担保されるのか?

●名古屋駅近辺は地価が高いから、料金が高い駐車場になるのか?

 
 と、昨日の委員会で、藤井から質問を行いました。当局からは、

 駐車場の大多数は今と同じ料金で、柔軟化で利用状況に応じた料金体制にする。担保の問題は、条例を作り、そのなかに料金を定めたい安く設定する。上限設定で値上げを心配されるが、車室が広いなどの特別なものに限って適用したい。地価が高いからと、直ちに変えることはない。慎重に考える

 と、答えがありました。

 さらに、当局の資料には、「指定管理者による料金徴収機の更新実施(コインポストから電磁ロックラックへ)により、市の機器更新費を縮減する」とあります。
 
●指定管理者が負担することになる機器更新費が、指定管理者にとって重荷となり、結果、利用者への負担増になってしまう。駐車場料金が高くならないのか?

●利用者の負担増をさけたとしても、指定管理者が駐車場の管理運営費を削ってくるかもしれません。たとえば、管理運営費の中でも大きく占めている人件費が、削られることが考えられます。自転車駐車場で働いておられる方の多くが、高齢者。駐車場で働く高齢者の雇用の機会や賃金が減ってしまうのでは?

 
 これらの点についても、質問を行いました。当局からは、

 指定管理者が、それぞれ収支計画を立てて、最初は黒字にならないが、計画的内に黒字化するようにしている。たくさんの高齢者が駐車場で働いているが、管理運営は適した仕事であると聞いている。利用者にとって便利な点を重視し、サービスの多様化で気持ちよく使ってもらう工夫をしており、そこに雇用の機会がうまれ、雇用が減るとは考えていない

 との回答。

高畑は1100台を管理(サイズ小)
 この質問を行うにあたって先日、田口かずと党市議団団長(土木交通委員会委員長)とともに、地下鉄東山沿線の駐車場をいくつか視察してきました。
 高畑駅前では、駅間近の市営駐車場は自転車であふれかえっていましたが、少し離れた場所にあるコインポストは、空きが目立っていました。

 なるほど、離れた場所にあるコインポスト料金を値下げ&駅間近の駐車場料金を値上げすれば、混雑はなくなるかもしれません。でも、駅間近の駐車場の向かいには、完全民間の自転車駐車場(24時間100円)が…。値上げにより利用者が、そちらの駐車場に流れるかも…。
 この例も質問で取り上げたところ、当局から「近隣の完全民間駐車場をよく調査して、料金を設定する」と回答がありました。
 そもそも利用者に負担(値上げ)を求めるべきではありません。

 市営自転車駐車場の指定管理への移行は、さまざまな問題があります。慎重に検討しなければならない問題です。土木交通委員会では、他会派の委員からも「(上限は)100円だろう」の声が…。

 常任委員会の様子は、市会のホームページで委員会のあった日の2日後(土、日、休日除く)からご覧いただけます。昨日(7月2日)の土木交通委員会、最初に藤井が質問していますのでアップされましたら、ぜひご覧ください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR