中村区総合水防訓練を見学&新しいニュースです

2015年05月31日21:10


 午前中は、中村区総合水防訓練を見学しました。 今回の訓練には、消防署、消防団、土木事務所、警察署から210名が参加されています。

 写真は、消防団員によって搬送された要救助者(ダミー人形)を名古屋市消防ヘリ「のぶなが」航空隊員と連携して、吊り上げ救助の様子です。名古屋市には2機の消防ヘリがあり、もう1機は「ひでよし」です。
 訓練では、倒壊ハウス内に取り残されている要救助者(ダミー人形)の 救出救助訓練や、土のう作成訓練や、水防工法訓練を見学しました。
 用意された3トンの砂が、消防団のみなさまにより1200個の土のうに作成され、積土のう工・防火水槽応用工(積土のう工と同じく、河川の増水のため水が堤防を越えそうな場合に、堤防天端に設置し、越水を未然に防ぎます。消防団各団が2基ずつ所有している仮設防火水を使ったものです)として、瞬く間に積まれていきます。
 消防団の中隊長からは「浸水とは、時間の勝負になります。いかに迅速にあたるかが重要です」と、各工法について説明がありました。
 水防訓練を初めて見学しましたが、大変勉強になりました。 地震やゲリラ豪雨、浸水など防災に強い名古屋づくりに取り組んでまいります。

 さて、こちらは明日の早朝宣伝から配布予定の新しいニュースです。
 このニュースは、党県委員会のホームページからダウンロードきます→http://www.jcp-aichi.jp/download/?m=dl&id=20150530-172053-556973045da46

 本日の夕方に配信された、
 共同通信社の世論調査でも、

 安保法案への政権の姿勢に関し、

「十分に説明しているとは思わない」
 が、81.4%に!


 今月27日の衆院安保法制特別委員会の総括質疑で、日本共産党志位委員長の追及に対して、首相が自衛隊への攻撃、武器使用を認めました。
 ニュースから一部転載します。



 ア フガニスタン戦争(2001年~)とイラク戦争(03年~)時の派兵特措法では、いずれも自衛隊の活動場所を「非戦闘地域」に限定しています。「非戦闘地域」とは、

(1)現に戦闘行為が行われていない
(2)活動期間を通じて戦闘行為が行われない

―の2条件を満たす地域とされていました。


 志位氏は、今回の2法案からは第2条件の規定が削られ、「現に戦闘行為が行われている現場」でなければ自衛隊が活動できることを確認。さらに「捜索救助活動」では第1条件の適用すら一部除外されていることをあげ、「きわめて重大な変更だ」と指摘しました。
 安倍首相は「いま志位委員が説明したとおりだ」と変更点を認めました。

 志位氏は、は、第2条件で除外してきた「戦闘行為が行われる可能性がある場所まで自衛隊が行くということは、相手から攻撃される可能性があるということだ。それを認めるか」と迫りました。
 中谷元・防衛相は当初、「自衛隊が現実に活動を行う期間、戦闘行為がないと見込まれる場所を実施区域に指定する」と答弁しました。
 志位氏が「そんなことは法案に一言も書いていない。自衛隊が攻撃される可能性を否定するのか」とただすと、首相は「(攻撃される可能性が)絶対にないわけではない」と認めました。

 志位氏はさらに論を進め、「自衛隊が攻撃されたらどうするのか。必要な場合には武器を使用することになる」と追及。首相は「自己保存型の武器の使用になる」と述べ、武器を使用しての反撃についても認めました。
 志位氏は「自衛隊が武器を使用すれば、相手はさらに攻撃し、撃ち合いが始まる。まさに戦闘することになるではないか」と指摘しました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR