「草の根の力」 困ったら日本共産党

2015年03月07日21:06

 雨の中での宣伝を終えて、夕方事務所に戻ると、 「生活相談あり。党員の○○さんに連絡を」とメモが。
 さっそく党員さんに連絡。相談内容は、党員さんが「しんぶん赤旗」日曜版を届けに行くと、読者さんから「うちのお客さんが、大変悩んでいるようだ。ぜひ、藤井さんに相談にのってもらえないか。お客さんにも、『共産党の藤井さんに伝えるから』と、言っているから」と、会話になったとのこと。

 相談者に連絡を取り、30分ほどお話を伺いました。相談内容が、専門法律知識が必要な相談のため、後日弁護士さん同席で詳しく伺うことに。 それでも電話口で相談者が、涙声で「よかった。ありがとう。助かりました」と何度も口にされ、少しでも力になれて良かったです。

 これが、今週の「しんぶん赤旗 日曜版」

 生活相談で一番多いのが、直接事務所への相談ですが、

 相談者さん→読者さん→党員さん→党事務所
 
 と、この新聞を通しての生活相談。「赤旗」を通しての相談依頼に「草の根の力」を改めて実感しました。

 党ができて、92年の日本共産党
 党員は、全国に約30万5千人。国会議員が32人。地方議員が約2700人。そして全国に2万の党支部があり、「しんぶん赤旗」(日刊紙・日曜版)読者が約124万1千人
 これが「草の根の力」

 県外の方々から、
「私の家族が今、中村区に住んでいるのだが…」
「地元の議員さんに聞いたら、中村区の事務所の番号を教えてもらったのですが…」


 と、藤井ひろき事務所に生活相談依頼があったり、区民のみなさまから、
「○○県にいる妹夫婦が大変で。相談にのってほしい」
「友人が○○市にいるのだが、どうやら困っているようだ。相談にのってもらえますか」


 と、ご相談をいただき、該当する日本共産党地区委員会や、議員事務所へ連絡を取り合うことも度々です。

 困ったら日本共産党へ

 お近くの党事務所は、こちらから→http://www.jcp.or.jp/web_address/#fragment-2

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

日本共産党27回党大会
 1月15日から4日間、日本共産党第27回党大会が開催されました。
 この党大会には、大会史上初めて野党4党から幹部が出席し、連帯とお祝いの挨拶をしました。
 Youtubeにて、 野党4党の挨拶
がご覧いただけます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR