日本共産党名古屋市会議員団の論戦紹介

2015年03月01日20:22

 今日の「日記」では、悪政に対して正面から対決し、同時にどの問題でも市民の立場に立った抜本対案を示し、その実現へ向け市民のみなさんと共同を広げていく、日本共産党名古屋市会議員団を紹介します!【それぞれの詳細は「議会報告」ページをご覧ください】

 日本共産党 山口きよあき議員代表質問
 くらしを守る5つの施策の緊急実施を

 ●学校給食の無料化
 ●奨学金返還支援
 ●住宅・商店街リフォーム助成創設
 ●非正規雇用から正規への雇用転換目標を定める
 ●介護保険料値上げ撤回、運営補給金制度創設

 →http://www.n-jcp.jp/2015/02/10734.html


 日本共産党 さはしあこ議員個人質問
 国保の「特別軽減」は申請ではなく自動的に減額を
 →http://www.n-jcp.jp/2015/02/10785.html


 日本共産党 田口かずと議員個人質問
 市営住宅の若者向けリニューアル
 →http://www.n-jcp.jp/2015/02/10766.html

 さて、連日「集い」「ミニ集会」を開催していますが、多くのみなさんからご意見・ご要望が出されます。
 その一つが、今日紹介しました、高すぎる国保料。「国保料、引き下げてほしい」「生活するうえで大きな負担だ」の声が多数寄せられています。また、国保料の「特別軽減」制度について「そんな制度があったんだ!」「さっそく申請してみるわ」の声も!
 名古屋市では、国保加入世帯34万2400世帯のうち、17万5800世帯が減額適用世帯。加入世帯の約半分の世帯が減額、減免の対象です【「国保料納入通知書」の、この太枠の四角内が「7」「5」「2」であれば、特別軽減対象】。

 「集い」では、

「日本共産党の藤井さんが言うように、申請でなく自動的に減額してほしいわ」

 と、切実な声も寄せられました。

 国保料を1人1万円引き下げ、国に対しても国庫負担を増やすように求める
 市の特別軽減制度【国保法定減額世帯対象、年2000円】を自動的に受給できるよう改める

 ~日本共産党 なごや改革ビジョン

 ご一緒に実現していきましょう!!
 昨年の「日記」でも紹介しましたが、国保の減額申請については、こちらをご覧ください。
http://www.n-jcp.jp/2014/06/9385.html
 減額対象のみなさんは、ご利用ください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR