要求実現へ!&懇談会のお知らせ

2015年02月02日21:55

 昨日、投開票の愛知県知事選挙。投票率は、残念なことに過去2番目の低投票率 34.93%に…。
 前回選挙で「既成政党打破」を掲げた現職が、新党ブームが去るとみるや一転して、自民党にすり寄り、「オール与党」相乗り候補になったことが、最大の要因ですね。

 事実、藤井の街頭で訴えていて、多くの有権者のみなさんから

「結局、自民も民主も、減税や維新も、根っこは同じだったわね」

 の声が、多く寄せられました。

 そのよう中で、日本共産党推薦の小松たみこ候補は、39万1308票を獲得!(得票率19.37%)。
 昨年末の総選挙で、日本共産党が県内で獲得した比例票を8万3000票余り、上回りました。中村区では、6250人の方から「小松がんばれ!」と、支持をいただきました。

 残念ながら勝利には至りませんでしたが、今後も県民の切実な要求運動で、攻めて攻めていきたいと、小松たみこさんもインタビューで答えられていました。

 全国トップクラスの財政力で、私たちの医療・介護・福祉・教育の拡充を!

 みなさんから寄せられた思いや願い。中村区では私、藤井ひろきが小松さんと二人三脚で、その先頭に立ってまいります。

 さて話を県政から市政へ。今回は、お知らせです。
 今月16日より、名古屋市議会では2月定例会が始まります。定例会の前に日本共産党名古屋市議団は、市政懇談会を開催します。

 日時 13日(金)午後6時30分~8時30分

 場所 名古屋都市センター14階 特別会議室

 金山駅南口より徒歩1分。名古屋ボストン美術館などが入っているビルです。

 内容 2月定例会・新年度予算について

 市政の現状と争点を、みなさまとご一緒に考える懇談会。
 ぜひ、お気軽にご参加ください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR