衆院解散!名古屋駅西口で街頭演説会

2014年11月21日23:16

 本日午後、衆院が解散しました。今回の解散、「この忙しい時に」「前回の選挙から2年、経っていないのに」の声もあります。なぜ、この時期に解散なのか?解散動機は一つ…

 先に延ばせば延ばすほど自公政権は追い詰められる。だから今やってしまおう

 国民の声を無視して暴走してきた安倍政権。この暴走政権が、国民の世論と運動に追い込まれての解散です。
 日本共産党は、日本の政治の「五つの転換」を訴えて、この選挙戦をたたかいます。

第一の転換
消費税10%への増税中止、「消費税に頼らない別の道」への転換

第二の転換
格差拡大の「アベノミクス」ストップ、暮らし第一で経済を立て直す政治への転換

第三の転換
「海外で戦争する国」づくりを許さず、憲法9条の精神に立った外交戦略で、平和と安定を築く

第四の転換
原発再稼働ストップ、「原発ゼロの日本」への転換

第五の転換
沖縄の米軍新基地建設を中止し、基地のない平和で豊かな沖縄への転換


 解散を受けて、夕方から名古屋駅西口前で街頭演説会!
 大野ひろみつさん【比例東海】から、今年大学生になった娘さんの話から、給付制の奨学金を増やし、学生が学費に悩まず学べる社会をつくろう!ブラックバイトをなくそう!と訴え。
 しまづ幸広さんからは、原発ゼロ日本をつくろう。安倍政権が推し進める川内原発の再稼働はストップ!浜岡も廃炉に!と、訴え。
 もとむら伸子さん【比例東海】からは、被爆2世としての想い。集団的自衛権で戦争する国づくりにしてはいけないと訴え。
 今回で勇退する、佐々木憲昭前衆院議員からは、アベノミクス不況・消費税増税問題・集団的自衛権問題の他、日本共産党そもそも論について。党ができて92年。戦前から国民が主人公、反戦平和を貫いてきた唯一の政党であること。政党助成金の受け取り拒否し、また企業団体献金ももらっていないから、しがらみがない党であること。アメリカにも中国、旧ソ連にも、どんな大国であろうと、けっしてなびくことなく、「自主独立」の立場を貫く党であることなど、党の魅力を紹介!


 なお、藤井はトップバッターで訴えました。

 藤井の訴えを以下、報告しますね。

 名駅前のみなさん、若いみなさん、こんにちは。
 私は、この中村区に住んでいます。中村区、中川区、北名古屋市、清須市、豊山町が愛知5区になります。愛知5区の日本共産党、藤井ひろきです。私は人間らしく働ける雇用のルール実現へ奮闘して参ります。

 私は党職員になるまで、大手コンビニの会社員として、働いていました。オーナーさんのお店を応援したり、自らも直営店を任され、スタッフのみなさんと一緒になって、お店を切り盛りしていた、コンビニの中から政治や経済を見つめてきた一人です。

 みなさん、しっかり残業代、もらえていますか?休みも、しっかりとれていますか?
 正社員が連日のサービズ残業で過労死寸前に追い込まれてしまう。正社員が過労死寸前の一方で、若者の2人に1人が非正規雇用です。このゆがみを正すのには、今の政治をチェンジしなくてはいけません。

 安倍首相は、アベノミクスで雇用が増えたと、盛んに宣伝しています。でも実際に増えたのは非正規雇用ばかりではありませんか。非正規雇用が増え、正社員は減ったのがアベノミクスの正体であります。


 日本共産党藤井ひろきは、労働者派遣法の改悪を絶対に許さず、非正規から正社員への流れをつくる抜本改正に取り組みます。そして安倍首相が企んでいる「残業代ゼロ」制度をストップさせ、この日本から「過労死」をなくしていこうじゃありませんか。
 そして、駅前の若いみなさん!【手を振った青年グループがいたので】そう、あなたたちです!若者を使い潰すブラック企業は、ご一緒になくしていこうではありませんか。

 日本共産党 藤井ひろきは、「人間らしく働けるルールをつくれ!」と、安倍暴走政治に対して全力で、たたかいぬいてまいります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR