支援物資、届けてきました!

2010年12月29日18:52

 こんばんは。今朝の中村区役所駅早朝宣伝では『中村区民報』を配布させていただきました。年末ですが明日は岩塚駅、明後日は本陣駅でも行いますよ。

 さて午前中は、西柳公園に設置されたホームレス支援の越冬会場(今朝の『赤旗』や『中日』にも載っていましたね)へ、昨日報告しました物資を届けに。明日の配達を予定していましたが、「例年より、お米が足りないらしい」と聞き、届けに参りました。
 大都市名古屋のど真ん中に今年もテント村が…。名古屋だけでなく全国でも同じです。不況は世界共通でも、大都市の中にテント村が現れるのは、日本だけです。政府の対応や、セーフティーネットの不備が原因です。なにより、ここまで貧困の格差を拡げてしまった政治に一番の問題があります。クビを切られた労働者が路頭に迷う一方で、大企業は1年間で11兆円も内部留保を溜め込んでいます。これをほんの1%だけでも社会に還元させれば、クビを切らなくてもすみますね。

 一つ嬉しかったことは、現地のボランティアさんの中に、先日米牧支部で行った「集い」参加者の方もおられ、一生懸命がんばっておられました。「藤井さん、助かるわ。物資をくれた方へよろしくお伝えください」と笑顔。こちらも嬉しくなります。

 事務所へ戻る途中、病院でインフルエンザの予防接種。体は丈夫な方で風邪は、この5年間、全くひいていませんが、これから寒くなる朝宣伝を考えて(笑)。院内ではワンコイン(500円)のガン検査を受診を勧める各種ポスターが貼られていましたが、ここにも日本共産党の要求運動が形となって現れていますね(≧▼≦)ぜひこのワンコイン受診、大いに利用しましょうっ!

 午後は日比津支部さんと一緒に行動。「議会が何やっているかわからんし、市長も乱暴すぎる。兄ちゃんがんばれ!」と居酒屋さん。「藤井さんのように、身近な青年さんに議会で活躍してほしい」と女性。ご意見伺うたびに、何としても今の市政を正していかなければならない!と強く想います。
 また新しく3名の方が『赤旗』をご購読いただけることに。「議会が何やっているかわからんし、市長も乱暴すぎる。兄ちゃんがんばれ!」と居酒屋さん。「藤井さんのように、身近な青年さんに議会で活躍してほしい」と女性。ご意見伺うたびに、何としても今の市政を正していかなければならない!と強く想います。

 今年も明日と明後日だけになりましたね。31日は強い寒波がきます。くれぐれもみなさん、体調管理にはお気をつけてくださいね(≧▽≦)☆彡

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR