越冬・貧困ビジネス・雇用の対策強化を!

2010年12月27日18:56

 もうすぐ大晦日ですね。区役所が29日からお休みになるので、派遣きり等になって職も住まいも失った人の支援対策が心配です。

 今月21日に、日本共産党名古屋市議団はホームレス援護施策の拡充を名古屋市に申し入れました。
 この10月度で生活保護受給者は32,685世帯(前年比115.8%)42,571人(同116.3%)と増え続けています。市はこれまでの保護行政の努力で無料宿泊所の利用は昨年程度の状況とみています。党市議団は、市が越冬対策で万全の態勢をとるとともに、貧困ビジネスに頼らずアパート等へ転宅をすすめることや市による雇用の創出を求めました。

 私も市民団体のみなさん、ボランティアさんと一緒に、お米や缶詰、カップラーメン、衣類、モーフなどの支援物資を集めています。みなさまから預かった物資は、市民団体さんや、ボランティアのみなさんへお届けします。「使わないモーフあるけど」「お米のカンパしたいけど炊き出しに使って」など、またお気軽に、お声をかけてくださいね。

 さて、これから会議です。がんばろうっと!!

名古屋市の今年度の年末年始援護対策
1、臨時相談所の開設
  中村区役所玄関ロビーにて、
  12月29日(水)、30日(木)の8:30~14:00
  援護内容は、(1)無料宿泊所への入所
        (2)生活保護施設、養護老人ホームへの入所
        (3)医療機関における受診及び入院
        (4)帰郷のための旅費支給
2、無料宿泊所の開設
  旧船見寮(港区船見町46番地)。
  12月29日~1月7日(金)朝。予定人員350名。
  対象者は年末年始に資力がなく泊まるところがない人等のうち、
  就労の意思と能力を有する人

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

東京都議選、さらに前進!
 東京都議選では、自民の大敗となりました。憲法を壊す法案の数々。強引な国会運営。
 日本共産党はこの安倍政権を正面から批判し、改選から2議席増やして19議席となりました。
 ご支援いただいた皆さんに感謝申し上げます。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR