消費税は公平と言うけれど、ほんま?

2013年10月26日13:45

 「消費税って、『みんなに5%かかる税金だから、公平』テレビで言ってたんで、『そうかなぁ~』と、思うんですけど、実際はどうなんですかぁ?」

 先日、講座の学生たちとの会話でこんな話が。実のところ、この「消費税は公平な税」という話、

 都市伝説(((;゜Д゜)) なみに怪しい…。
 つーか、ウソな話です。


 今月24日の参院予算委員会で、日本共産党の
 小池晃副委員長

 が使ったパネルが、コレ。
 高所得者&低所得者の家計収入に対する消費税の負担率(%)で、考えることが大事なんです。
 
 所得の低い方ほど、家計収入に占める消費税負担率が、重くなってきて、

 増税により貧困と格差がいっそう拡大する 

 という、とんでもなく不公平な税制

  なんです。学生たちとの話し合いの後、小池さんの質問があったので、みなさんにも動画をオススメしました。なお、動画はコチラからhttp://www.jcp.or.jp/web_mov/2013/10/post-819.html


 ところで、昨日はお昼過ぎから夕方まで党県委員会で会議。今月できたばかりの新しい県委員会の隣では、旧県委員会の解体工事が始まっていました。今度、県委員会を訪れた時は解体も、ほぼ終わってそう。これが、見納めです。
 ふと、住宅営業時代の解体工事(土地からの建築だけでなく、建替え工事のお客様も複数、担当させていただきました)を思い出しました。10年前は、バリバリ営業やってたんですね。10年なんて、早いもんです。

コメント

県委員会 旧会館

県委員会へは、昔よく行ってました。
その会館も無くなるのかと思うと、ちょっとノスタルジックな感傷になります。
愛知の歴史がここにあると思います。新会館でも歴史を受け継いで、さらに発展させたいと感じました。

  • 2013年10月27日 13:19 |
  • スージー URL :
  • 編集
No title

 旧県委員会は、藤井より一回り年上の48歳!いろんな思い出が、ぎっしりつまってますね。
 新しい県委員会でも、多くのみなさんと一緒に「国民が主人公」の歴史を刻んでいきたいです。

  • 2013年10月27日 17:43 |
  • ふっちん URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

市民+野党共闘が広がる
 残念ながら、日本共産党は衆院選挙で議席減となりました。
 しかし、市民と野党の共闘は広がりました。
 今後さらにこの共闘を広げ、安倍政権の憲法改悪を阻止しましょう。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR