カエル君も処罰対象「秘密保護法案」

2013年10月19日13:58

 日本共産党の志位和夫委員長は、昨日、国会内で記者会見し

 「国民の知る権利を奪う『秘密保護法案』に断固反対する」声明

 を発表しました。全文は、こちらから~(/≧Д≦)/!!
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2013/10/post-547.html

 「よくテレビで聞くけど、『秘密保護法案』って?」との質問も。

 この法案、民主主義の根幹である国民の知る権利、言論表現の自由を脅かし日本国憲法の基本原理けを根底から覆す構造となっていることが、まず問題です。

 ①政府が「秘密の範囲」を勝手に決め、国民には何が秘密かも知らされない

 ②国民の知る権利、報道の自由を奪い、最高で懲役10年という重刑を科す

 ③国会の立法権や国政調査権を制限する


 などなど。で、こんな法案が通っちゃったら、たとえば、

 『日米密約の内容を明らかにしなさい』
 『TPP(環太平洋連携協定)の秘密交渉の内容を明らかにしなさい』
 『原発資料を明らかにしなさい』


  と、集会や街頭演説で訴えた場合も

Image029~000
 『教唆、煽動(せんどう)』を行ったとして、

 処罰の対象 (((;゜Д゜))

 とされる危険も。なんじゃ、そりゃぁぁぁ!!

 「私は人では、ありません。
 日本共産党と一緒に政治をカエル君です」


 と、着ぐるみ(中身・藤井)で訴えても、やっぱ処罰対象の恐れも。

 さ・ら・に

 日米で軍事情報を共有し、軍事一体化をすすめるために、政府が秘密保護法案と一体で成立させようとしている

 国家安全保障会議設置法案

 これら怪しい二つの「案」合わせ技一本

 日本をアメリカと一緒に『海外で戦争する国』につくりかえる策動の第一歩

 に!「海外で戦争する国」につくりかえるため、国家が強権的に情報を統制し、国民の言論表現を規制するという狙いが見え見えですね。

 立場の違いを超えて、民主主義破壊に反対する一点で力を合わせ、同法案の阻止のために立ち上がりましょう!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ふっちん の 告知板

総選挙で市民野党共闘を!!
 安倍政権の突然の「身勝手解散」で衆院選挙となりました。
 憲法と国民経済を守るため、市民とともに野党共闘を進めましょう。
 愛知5区は、「市民+野党」共闘で立憲民主党の赤松広隆氏を応援します。
 そして「比例は、共産党」に!

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR